*

ネットカフェ難民の行く末

公開日: : 最終更新日:2015/05/07 コラム

ネットカフェ難民という言葉が世に知れ渡ってから数年経ったと思います。この言葉は、ドキュメンタリー番組「NNNドキュメント」が「ネットカフェ難民 漂流する貧困者たち」と題して放送したのがきっかけだったと記憶しています。

ネットカフェ難民は、複雑な事情により住所不定となり、ネットカフェで生活をしています。生粋のホームレスと違い、働く意思はあるのです。主に日雇いバイトなどをしながら、その日暮らしをしています。家出少女のケースでは、出会い系サイトなどで知り合った男と援助交際をしていることもあり、救済が必要な状況であります。しかし救済されないカラクリがあるようです。

まず、生活困難者には生活保護という制度があります。しかし、住所が無い彼らは生活保護が受けられません。そればかりか、銀行口座も作れないし、印鑑登録もできません。つまり賃貸契約ができません。まさに八方塞がりなのです。そして、ついには貧困ビジネス業者の魔の手にかかってしまうのです。

そのような状況に陥らないためには、行政の助けをもらうことです。
例えば、東京都には「TOKYOチャレンジネット」があります。住居を失い、インターネットカフェや漫画喫茶等で寝泊りしながら不安定な就労に従事する者や離職者に対して、生活支援・居住支援・資金貸付をしてくれます。さらに就労支援等のサポートもあり、自立した安定的な生活を送るための手助けをしてくれます。
まずは諦めずに、明るい未来を信じて援助をもらうことが重要です。ネットカフェにいるのなら、情報収集は可能なはずです。自立し楽しい人生を歩んでいきましょう。

関連記事

貧困女子と過重労働の二択なら

貧困女子と過重労働はどちらが苦しいのか 大手広告代理店の新入社員女性が自ら命を絶ちました。 普通

記事を読む

リア充になる方法がわからない女子

リア充になる方法を知らないために不幸感漂う女子 リア充になる方法を知らないために、いつもつまらなそ

記事を読む

20代の貧困女子 若くして底辺の生活を送る理由

■ 20代で貧困女子になった理由 一般的には、男性も女性も若いうちはお金をあまり持っていません。

記事を読む

ピーターパン症候群な貧困女子

ピーターパン症候群が原因で普通に暮らせない貧困女子 あまり知らせていませんが、ピーターパン症候群の

記事を読む

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。 ケアハ

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない人が稀にいます。 一生懸命に

記事を読む

「ぽっちゃり女」と「ガリガリ女」貧困率が高いのはどちらか

■ 貧困女子のスタイル 太り過ぎの女性と痩せすぎの女性、 どちらが貧困女子に多いのでしょうか。

記事を読む

読者モデルの貧困生活

読者モデルは職業ではない 読者モデルをしている33歳の女子は、 本物のモデルを目指して奮闘中。

記事を読む

ディズニーまた値上げ! 貧困女子には行けない夢の国

■ ディズニー毎年恒例の値上げ 3年連続でディズニーランド、ディズニーシーの入園料が 値上がりし

記事を読む

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

介護離職で失う普通の生活 キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、 介護離職により貧困

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑