*

モラスハラスメントで生活苦

公開日: : 最終更新日:2015/05/07 コラム ,

高橋ジョージさん、三船美佳さん夫妻の離婚裁判が報じられて以来、一躍有名になった「モラルハラスメント」という言葉。貧困女子は自分が被害者にならないために注意が必要です。

まず、モラルハラスメントをする人はどのような人なのでしょうか。自分より立場の弱い人間に精神的な苦痛を与えて満足しているような人です。モラハラ加害者は男も女もいます。今回は女性が被害者になる状況を考察していきます。
モラハラの被害を受ける女性は、すぐに反論できない気の弱い女性が多いようです。あるいは、男性から高圧的な注意を受けたときに、自分の行動を改めなければ、と深く反省しすぎる真面目な女性です。もちろん、自己の行動に反省し、過ちを繰り返さないことは大切なことですが、度が過ぎると精神的に良くありませんし、良い結果は生まれません。そして、ずっと反論できずにいると、精神的に追い込まれていくのです。

以前、取材させて頂いたシングルマザーは、まさにモラルハラスメントを受け続けた被害者でした。彼女は高校卒で、元旦那は一流大学出身のエリート。一人息子の子育ては彼女が一任されていたものの、少しでも成績が悪くなると、「どんな勉強をさせたんだ」と問い詰められるのです。そもそも教育方針が夫婦で食い違っており、旦那は息子を一流大学に進学させたいと考えていたようですが、彼女はそこまで学歴にこだわっていなかったそうです。しかし、高卒であることを指摘されると思い、自身の意見をはっきりと伝えることができませんでした。
息子さんが中学3年になる頃には、彼女はうつ状態になっていて、精神的に弱っていました。それにも関わらず、教育、家事、おかずの品数まで細かく言われ続けたそうです。そして、とうとう息子さんが父親をボコボコに殴って、「俺と母さんに近づくな」と言ったそうです。彼女が何とか旦那に頭を下げ、警察沙汰にはならなかったそうです。さらに、これ以上息子には悲しい思いをさせられないと考え、離婚を申し出て、現在は息子と一緒に生活保護を受けながら暮らしています。
彼女の場合は、息子が味方でいてくれたことが不幸中の幸いでした。

このように、『モラハラ → 離婚 → 生活苦』というコースを歩む女性が少なくありません。とはいえ、自分の意見を率直に述べられる性格にすぐになれるものでもありません。
なので、最前の策としては、味方を見つけることと、加害者から逃げることなのだと思います。

関連記事

高学歴の貧困女子たち

一般的に、貧困女子は低学歴なのですが、年々高学歴化しています。大学卒業後に就職したとしても、会社を辞

記事を読む

貧困女子の彼氏たち

付き合っている女性が貧困女子だったという男性たち数人に 話を聞きました。貧困女子は、「でもね」とか

記事を読む

スマップを追い続けた貧困女子

スマップを追い続けたために貧困女子になった スマップの大ファンである38歳の独身女性の現在を お

記事を読む

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。 最近、ネットニュース等で話題

記事を読む

独身と既婚はどちらが幸せか

独身女は既婚者を幸せだと思っている 特に40代独身の貧困女子に多いのですが、 既婚者は女の幸せを

記事を読む

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。 ケアハ

記事を読む

ワーキングプアから抜け出せない30代女性たち

ワーキングプアに苦しむ30代女性 働いているのに生活が楽にならないワーキングプア。 その多くは3

記事を読む

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしをするために 手っ取り早い手段

記事を読む

貧困女子の就職活動

■ 就職活動のスケジュール変更 2016年3月1日、2017年入社の就職活動がスタートしました。

記事を読む

結婚願望が強すぎる女性

結婚願望が強い女 ある機関の調査結果によると、新社会人の女性の4人中3人が 結婚願望を持っている

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑