*

貧乏だから結婚できない ゆかり

公開日: : 最終更新日:2015/07/08 取材報告

ゆかりさん(27歳・仮名)は、現在フルタイムのアルバイトで働いているものの、生活が苦しい状況です。大卒で商社勤務の経験もある、至って普通のお嬢様なのですが、貧困女子なのです。

ゆかりさんは実家のある栃木県で大学を卒業し、さいたま市にある商社に入社しました。もちろん、正社員での入社です。初任給21万円とのことなので、ごく一般的な会社へ入社されたのだと思います。
彼女は大人しい感じの女性で、細身で顔も可愛らしく、黒髪のキレイな和風美人といった感じです。いかにも幸せな結婚をするようなタイプに見えます。しかし、奥手の性格のせいで、社会人になっても、一度も男性と付き合ったことが無かったと言います。そして、社内の男性社員にセクハラされても、おとなしい性格のため、強く抵抗できないでいたそうです。仕事中に40代の上司に髪の毛を触られたり、肩を揉まれたりすることは毎日あったようです。そんなとき、愛想笑いをしながら、小さな声で「やめてください」と言っていたそうですが、男性からしたら、逆にもっとやりたくなるような抵抗だったと思います。
そして、入社3年目の飲み会の席で、ついに大勢の前で泣き出してしまいます。飲み会は男性8人、女性2人で行われ、個室タイプの居酒屋でした。そこで酔っぱらった上司が遠慮なく胸を揉んできました。また、別の上司は頬にキスをしてきました。おそらく、男性社員からしたら、いつものスキンシップの延長だったのでしょう。怒りと悔しさでゆかりさんは大泣きです。しかし軽い感じで「ごめんね」と言われただけでした。
真面目な彼女は、次の日も通常通り出社し仕事をしていたのですが、前日の屈辱が忘れられず、上司の顔も見られないほどの嫌悪感を抱くようになり、無断で自宅に帰ってしまいました。それから会社には行けなくなり、上司に自主退社を勧められ、退職願いを提出したのです。
会社を辞めたことを両親に言うと、烈火のごとく怒られたそうです。
「会社をすぐに辞めるような子は戻ってくるな」と言われ、栃木の実家に戻ることもできません。セクハラのことも、恥ずかしくて両親には言えなかったそうです。
退職後、雇用保険はもらいながら、再就職先を探していたようですが、全て不採用。家賃や生活費を稼がなければならないため、近所にある建設会社の事務のアルバイトを始めました。時給は900円。けっして高くはありませんが、すぐに採用してくれたこと、家の近くであったこともあり、働くことにしました。9時~18時までの8時間労働にも関わらず、月収は15万円程度。今までいた商社と比べると月収10万円くらい下がったうえに、ボーナスもありません。
ちなみに、ゆかりさんの生活費は以下のような内訳です。

家賃 65,000円
光熱費 10,000円
生命保険 5,000円
携帯代 10,000円
食費 15,000円
生活雑貨 15,000円
交際費 10,000円

合計13万円

毎月ギリギリで生活しているようです。
オシャレもできず、遊びに行くこともほとんどない生活。
結婚どころか、彼氏もできる気配もないそうです。

関連記事

父親からの性的虐待 絵美

絵美さん(21歳・仮名)は、1ヶ月の手取り収入が7万円もありません。 その原因は父親からの性的虐待

記事を読む

資格にこだわる貧困女子 ともこ29歳

ともこさん(29歳・仮名)は、決して頭の悪い女性ではありません。 国立大学を卒業し、教員免許も持っ

記事を読む

東大出身なのに貧困女子 めぐみ27歳

めぐみさん(仮名)は、東京大学を卒業しているのに貧困女子です。 現在の職業はフリーター。信じられな

記事を読む

介護職の貧困女子 あやこ

あやこさん(27歳・仮名)は、都内で介護の仕事をしています。 好きな仕事ができるのはいいのですが、

記事を読む

流産したら私の人生はどん底に落ちた ゆりこ

■ 不幸な人生 ゆりこさん(30代・アルバイト)は不幸ばかりの人生を嘆いています。 婚約者の裏切

記事を読む

中卒女子の厳しい現実 まみこ

まみこさん(23歳・仮名)は、美容師の見習いをしています。 学費も自分で出しているほどの頑張り屋で

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑