*

貧困女子と風俗業界

公開日: : コラム

風俗業界に身を置いた貧困女子は、裕福な生活が手に入れられるのでしょうか。

いつの時代も性風俗が存在します。
男性の性欲はなくならないし、女性が簡単にお金を稼ぐ手段であるのだから、自然な流れなのかもしれません。
しかし、現代の日本人男性の性欲は、以前よりも減少傾向にあると言われています。あるいは性欲処理の方法が多様化し、生身の女性に触れることへの欲求が少なくなっているのかもしれません。
その為、昨今の風俗業界の景気は良いとは言えません。そうなれば当然、風俗嬢の収入も減ってしまい、満足に稼げないということもあります。

誰が見ても美人な女性が高級ソープランドで働けば、月収100以上稼ぐことは普通にあります。
しかし、いわゆるブス、デブな女はそもそも高級ソープでは働けませんし、格安店などに身を置くことになり、月収100万円など夢のような金額になります。
それでも、少ない労働時間で一般企業OL並みの月収を稼ぐことは可能でしょう。
容姿に恵まれていないのだから、それで満足すれば幸せだと思います。

しかし、それで満足しないのが貧困女子なのです。
以前、大衆ソープのボーイさんに話を聞いたことがあります。根っからの貧困女子タイプは、長続きしないそうです。2週間程度で辞めていく子も少なくないそうです。

貧困女子は、一般企業でもいじめやパワハラを受けていることが多いです。いくら学歴が高くてもメンタル面が鍛えられていないことが多いからだと思われます。
風俗業界に身を置いたら、尚のこと耐えられないのかもしれません。

貧困女子から脱出するためには、働き方よりも、まずはメンタルを鍛えることが先決になるのです。

関連記事

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

「ノンママ」になりたかったわけじゃない

ノンママ否定はやめてほしい 出産しないという選択をした女性のことを「ノンママ」と 言います。

記事を読む

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている派遣社員の 絵美さん(25歳

記事を読む

ディズニーまた値上げ! 貧困女子には行けない夢の国

■ ディズニー毎年恒例の値上げ 3年連続でディズニーランド、ディズニーシーの入園料が 値上がりし

記事を読む

幼少期のトラウマが原因で普通の生活ができない女

幼少期のトラウマが原因 幼少期のトラウマが原因で、普通の生活ができない女性がいます。 20代

記事を読む

貧困女子の仕事

貧困女子の間違った仕事選び 貧困女子に多い職業のひとつとして、「介護職」があります。 介護の仕事

記事を読む

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話です。 彼女の生活は収入面

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない人が稀にいます。 一生懸命に

記事を読む

ボランティア女子の意味不明な活動

■ ボランティアが好きな女性 少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。 その女性

記事を読む

スマップを追い続けた貧困女子

スマップを追い続けたために貧困女子になった スマップの大ファンである38歳の独身女性の現在を お

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑