*

貧困女子の彼氏たち

公開日: : コラム

付き合っている女性が貧困女子だったという男性たち数人に
話を聞きました。貧困女子は、「でもね」とか「しょうがないよ」とか
あまり前向きでない発言が多かったと言います。
男性から見た貧困女子とはどのような女なのでしょうか。

大学時代の同級生と5年付き合っている男性の話です。
彼は医療器具メーカーの営業をしており、年収は450万円。
付き合っている彼女は大学在学中に就職が決まらず、
半年間フリーターをしていたそうです。
その後、介護の資格を取得して、現在は介護の仕事をしています。
2人とも埼玉県内のアパートに一人暮らしをしており、
週末にはどちらかの家で過ごすことが多いそうです。

彼女は大学を卒業したものの、やりたいことが見つからず、
フリーター時代に、人の為になる仕事がしたいと言い出し、
介護の仕事を選んだそうです。
彼は、自分の人生が幸せそうじゃないのに、他人のことを考えるのは
おかしいと言っています。

彼の言うことはもっともだと思います。
貧困女子にありがちなことのひとつに、将来的なビジョンをしっかり
持っていないというのがあります。
誰しも学校を卒業する前に、どのような社会人になるか考えます。
でも、やりたいことが明確になる人ばかりではありません。
それでも、ほとんどの人が生活のために働き始めます。
貧困女子には、社会に出てから仕事のやりがいを見つけようとか、
生きていくためにはある程度のお金が必要となるというような
発想が少ないように思えます。
簡単にいうと「甘えん坊」なのかもしれません。

バリバリ働かないにしても、生活費と少しの貯金をするくらいなら、
一般的な労働でやりくりできると思います。
(肉体や精神が弱っているなら話は別ですが)
まずは人に認めてもらうためにも、正社員を募集している会社に
応募してみるべきだと思います。

ちなみに彼は、彼女と結婚する気はないそうで、
そろそろ、別れを切り出す予定だそうです。

関連記事

貧困女子の仕事

貧困女子の間違った仕事選び 貧困女子に多い職業のひとつとして、「介護職」があります。 介護の仕事

記事を読む

独身と既婚はどちらが幸せか

独身女は既婚者を幸せだと思っている 特に40代独身の貧困女子に多いのですが、 既婚者は女の幸せを

記事を読む

ボランティア女子の意味不明な活動

■ ボランティアが好きな女性 少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。 その女性

記事を読む

スマップを追い続けた貧困女子

スマップを追い続けたために貧困女子になった スマップの大ファンである38歳の独身女性の現在を お

記事を読む

意識高い系女子は結婚まで至らない

意識高い系女子には結婚に至らない理由がある 意識が高いというのは、本来よい意味なのですが、 最近

記事を読む

子どもの貧困は将来に影響する

■ 子どもの貧困率 貧困率とは、世帯所得から国民一人ひとりの所得を試算し、 中間に該当する人の所

記事を読む

ホームレス貧困女子の厳しい生活

ホームレス貧困女子は身近に存在する ホームレスと言えば年配の男性を想像しますが、 ごく稀に若い女

記事を読む

シングルマザー貧困女子の地獄

貧困女子の中でもシングルマザーはまさに地獄のようだ。 母子家庭で子供を育てるのは確かに大変だ。

記事を読む

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

幼少期のトラウマが原因で普通の生活ができない女

幼少期のトラウマが原因 幼少期のトラウマが原因で、普通の生活ができない女性がいます。 20代

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑