*

貧困女子を非難する声

公開日: : コラム ,

貧困女子はなりたいと誰しもが思っているはずです。
何とかしようと思っているけど、抜け出せない。

貧困女子を暖かい目で応援してくれる人たちも多くいます。
しかし、世の中そんなに甘い人たちばかりではありません。

自業自得

この一言で片づけられてしまうことも多いのです。
今回は、非難の声を集めてみました。
現実問題として、厳しい意見にも耳を傾けてみましょう。

都内在住の29歳の貧困女子さんは、高校の同窓会で
クラスメイトから避難され、深く悲しんでいます。
彼女は、岡山県の高校を卒業後、都内の中堅大学に進学。
大学卒業後、新宿にある中小企業に就職しました。
OL時代は彼氏もいて、ごく普通で幸せな社会人生活を謳歌していました。
しかし、27歳のときに彼にフラれてから、寂しさのあまり
仕事が手につかなくなり、退職することになりました。
というか、自ら会社を辞めたのです。

その後、岡山の実家に帰り、3ヶ月ほど家事手伝いをしていたのですが、
心のキズも癒え、子供のときからの夢であったパティシエになろうと決心し、
再び上京しました。

現在、彼女は小さなケーキ屋さんでアルバイトをしながら、
お菓子作りの勉強をしていますが、収入は月に10万円程度。
しかも、パティシエになりたいという夢はあるものの、
具体的な将来のビジョンがないため、ときどき自分でも
何がしたいのかわからなくなる日々が続いている。
コンクールなどで優勝したいのか、ケーキ屋を開業させたいのか、
そもそも、何でパティシエになりたかったのか。
自問自答の日々です。

傍から見れば、月に10万円しか稼がないプータローです。
同窓会で会ったクラスメイトの女の子のほとんどが結婚しており、
子供がいる人も多い中、彼女は独身でただのフリーターです。

「東京でいい人見つけなよ」
「可愛いんだから、すぐに彼氏見つかるよ」
「もっと給料の高いところで働いたら」
「正社員のほうがよくない?」
「よく生活できるね」
「親がよく許してくれるね」

など、いろいろなことを言われたそうです。

でも、一番傷ついた言葉は、

「楽しそうでいいね」

だったそうです。

現在の彼女の生活は、自ら選んだ道であり、
彼氏にフラれたことも、その後誰ともお付き合いしていないのも
自分の責任であり、誰のせいでもありません。
まさに、自業自得なのです。

結局のところ、貧困女子から抜け出す方法は、
自らどうしたいかなのです。

海外放浪している貧乏バックパッカーは
人に何を言われようが、楽しい人生を謳歌していると思っています。
それが自ら望んでいる生活ですから。

貧乏だから、非難されるわけではありません。
自分で考え、自分が納得する生活を送ることができずに、
社会や環境のせいにする人が避難されるのです。

関連記事

NHKで話題になった貧困女子高生のうららさんについて

貧困女子高生と称される「うららさん」の将来 NHKの番組で「うららさん」という貧困女子高生が 紹

記事を読む

高校2年生で自分は貧困女子になると自覚した子

■ 高校2年で人生を諦めている子 高校2年生といえば、これからの将来が楽しみな年頃です。 しかし

記事を読む

スマップを追い続けた貧困女子

スマップを追い続けたために貧困女子になった スマップの大ファンである38歳の独身女性の現在を お

記事を読む

働かない貧困女子

働かない貧困女子のゆるい生活 明るい性格の貧困女子が埼玉県に暮らしています。 彼女は33歳独身で

記事を読む

ベッキー不倫騒動の結末

■ ベッキーの不倫騒動はわかっていたことではないのか ベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷

記事を読む

ぼっち充で結婚なんてする気がない女性の幸福感

ぼっち充の現状に満足している女たち ぼっち充の人が増えています。 男性の場合、仕事以外では会話が

記事を読む

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

介護離職で失う普通の生活 キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、 介護離職により貧困

記事を読む

男に興味がない女の共感できない暮らしぶり

男に興味がない女は静かに暮らしたい 最近の若い世代は、異性に興味がない人が増えているそうです。

記事を読む

シングルマザー貧困女子の地獄

貧困女子の中でもシングルマザーはまさに地獄のようだ。 母子家庭で子供を育てるのは確かに大変だ。

記事を読む

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしをするために 手っ取り早い手段

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑