*

女性の多い職場でのトラブル

公開日: : コラム

貧困女子の中では、勤め先を辞めたことがキッカケと
いう人も多いです。
では、なぜ勤務先を辞めることになるのでしょうか。

職場でのトラブルで最も多いのは、「悪口や噂話」と
いう話を聞いたことがあります。
些細なことがきっかけで噂話の対象になったり、
悪口を言われるようになり、無視やいじめに発展します。
特に女性の多い職場では、このようなトラブルが多いようです。

女性の多い職場と聞いて頭に浮かぶ仕事と言えば、
・保育士
・看護師
・アパレル
などが思いつきます。

以前、お話を聞いたことがある貧困女子さんは
保育士でした。
彼女も悪口や噂話が原因で退職した経験があります。
「いつも可愛らしい笑顔ですね」
と児童の父親に言われたことがキッカケだそうです。

その父親は向井理に似ているイケメンだったため、
働いている保育士の間でも話題になっていました。
その人に褒められたということで、年上の保育士からの
風当たりが強くなりました。
それまでは普通に働いていたのに、その父親に褒められた日から、
園児の親御さんに色目を使っているとか、
仕事もしないで見た目ばかり気にしているとか、
目の前で言われるようになりました。
それから、無視、重要事項を教えてもらえないといった
いじめを受けるようになり、最終的には、
「保育士が園児の父親と不倫している」
とあらぬ噂を立てられ、園長から事情を聞かれる事態に
発展したのです。

結局いづらくなり退職。
保育園を辞めたときには、精神的におかしくなっていました。

彼女は退職して2年経つ現在でも、うつ病を治す治療を
続けているそうです。
月8万円のアルバイトくらいしかできず、
貧困女子から抜け出すメドは全くないそうです。

女性の多い職場では、妬みや陰湿ないじめも多く、
ひとたびターゲットとなると、相当に精神力の強い
人でないと太刀打ちできなくなるようです。
しかし、それほど精神的に強い人ばかりではありません。
もし、希望している仕事が女性の多い職場であるならば、
人間関係トラブルはあるものだと初めから割り切り、
ターゲットにされたらさっさと次の職場に行くくらいの
前向きかつ明るい気持ちでいたほうがいいかもしれません。

精神的におかしくなるまで、トラブルのある職場に
しがみついていても良いことは何もありません。

関連記事

高学歴の貧困女子たち

一般的に、貧困女子は低学歴なのですが、年々高学歴化しています。大学卒業後に就職したとしても、会社を辞

記事を読む

キャリアウーマンだった女がなぜ貧困女子になったのか

キャリアウーマンだった女が一転して貧困女子になってしまった理由 有名女子大学を卒業し、大手IT企業

記事を読む

貧困女子 自己責任なのか

先日、あるテレビ番組で貧困女子が自己責任か という内容で討論していました。 この話はネットニュー

記事を読む

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明るい年にしたいと願っている

記事を読む

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家事もすべて 一人でこなさなけ

記事を読む

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしをするために 手っ取り早い手段

記事を読む

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。 そんな夢を叶えてくれるの

記事を読む

上村遼太さん殺害事件について

川崎市の多摩川河川敷で、中学1年の上村遼太さんが殺害された事件が話題になっています。18歳の主犯格の

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない人が稀にいます。 一生懸命に

記事を読む

若年者の貧困は親の責任でもある

■ 若者の貧困は親の育て方が悪かったせい 若者の貧困が問題になっており、 ニュース等でも大きく報

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑