*

マタハラを受ける貧困女子たち

公開日: : 最終更新日:2015/12/10 コラム

マタハラの実態

働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、
嫌がらせを受けたりするマタニティーハラスメント(マタハラ
の被害者が増えている。

妊娠の報告をした女性従業員に対し、不当に解雇した企業側が
訴えられるケースが増えてきている。
不当な解雇なのか、単なる能力不足なのかの判定が難しいが、
妊娠直後に解雇や降格になった場合は違法となる場合が多いようだ。

マタハラ」という言葉は昨年あたりから社会に浸透してきており、
泣き寝入りする女性が減っているというデータもある。
今後ますます企業と女性社員との争いは過熱しそうだ。

マタハラ加害者は女性

マタハラ加害者は男性ばかりではない。
むしろ女性のほうがタチが悪いと言う。
結婚を諦めた女、妊娠できない女は他の女性が
妊娠をしただけでも面白くはない。
その上、病気でもないのに何日も仕事を休まれては
穏やかではないのだろう。

本来であれば、妊娠や出産を理由に女性従業員が休職するならば、
会社側が人材を補填すべきであり、文句を言うのなら会社側というのが
正論なのであるが、妊娠した女性が攻撃されてしまうのだ。

貧困女子にも容赦なし

最近は結婚していないのに子供がいるシングルマザーが増えている。
勤務先には妊娠の報告をしなければならないが、
「いつ結婚したの?」とか「相手はどんな人」など
ごく普通の質問が心にグサリと刺さるという。

旦那がいないのに子供を出産しなければならない女性の
多くは「貧困女子」だ。
安藤美姫さんのようなケースは少数派だろう。

当然、産休、育休が終わったら仕事をしなければならない状況であるが、
退職を迫られるケースが多い。
妊娠も出産も自己責任であり、そんな理由で長期間仕事を
休まれたら他の社員はたまったものではないのだ。

しかも、結婚もしていないのに妊娠したということで、
自己管理能力の無さを指摘されることも多い。
貧困女子の多くが、強く反論できない性格であるから、
耐え切れずに退職してしまうという。

育児、仕事を一人でこなさなくてはならないため就職活動をする。
しかし、幼児のいるシングルマザーを採用したい企業は少ない。
そして、貧困はますます悪化していくのだ。

関連記事

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子の生活実態とは ほとんど役に立たない人間たちが被災地に駆け

記事を読む

男運がない女の共通点

「私、男運がないのよねぇ」が口癖の女たち 「私、男運がないのよねぇ」とよく言う女子がいます。 そ

記事を読む

酷い生理痛が原因で働けない女性

生理痛が酷いので働けません 女性なら誰もが経験する生理痛。 酷い痛みに耐え切れず、仕事、恋愛、そ

記事を読む

ネットカフェ難民の行く末

ネットカフェ難民という言葉が世に知れ渡ってから数年経ったと思います。この言葉は、ドキュメンタリー番組

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

スマップを追い続けた貧困女子

スマップを追い続けたために貧困女子になった スマップの大ファンである38歳の独身女性の現在を お

記事を読む

ぼっち充で結婚なんてする気がない女性の幸福感

ぼっち充の現状に満足している女たち ぼっち充の人が増えています。 男性の場合、仕事以外では会話が

記事を読む

ゆとり世代の貧困女子には気力が感じられない

■ ゆとり世代の女性たち ゆとり世代の新人女性たちの教育をした人たちは 口をそろえてこう言います

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代 と呼ばれる人たちの中に、 貧

記事を読む

貧困女子大生の目指す道

貧困生活を送る女子大生 夢の実現のため、自らが働いて学費を捻出している 女子大生がいます。 仕

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑