*

貧困女子の貯金

公開日: : コラム

貧困女子は貯金が苦手

貧困女子はお金を稼ぐ力が弱いうえに、貯金も苦手な人が多い。
非正規雇用が増えている今の日本では、安定した所得がないことは
若い女性のせいばかりではない。
しかし、貯金をするということは本人の能力次第で何とか
なるはずなのだ。

フリーターの綾菜さん(仮名・27歳)は月収13万円。
今後もずっと貧しい生活をしなければならのかと考えると不安だと言う。
それにもかかわらず貯金をしない。
できない性分というべきかもしれない。

先月は給料前に1万円を残したらしい。
しかし、ずっと食費を切り詰めたご褒美に
ひとりで高級すし店に行き1万円を使い切ったという。
せめて5千円でも貯金すれば良かったと思うのだが。

実は綾菜さんのように貯金が苦手な女性は多い。
なぜ貯金出来ないかと言えば、
いつ、どこで、いくら必要となるのかを考えていないからだ。

将来を考えない生活

普通であれば、2年以内に結婚資金を200万円貯めるとか、
留学費用として60万円を1年以内に作るとか、
目的をもってお金を貯めるはずだ。

しかし、貧困女子は日々の生活が常に苦しいと感じており、
少しでもお金に余裕ができると、自分へのご褒美として使ってしまう。
簡単に言えば、自分に甘いのだ。

さらに、生き方そのものに将来性がなく、就活、婚活など
今後の自分を見据えた活動をまるでしていない。
確率的には、このような女性は母子家庭で育っている場合が多い。
おそらく母親も行き当たりばったりで生きており、
それを見て育ったために将来性のない人間になってしまうのだろう。

間違ったお金の使い方

貯金をするためには、間違ったお金の使い方を改める必要がある。
まず、買い物をする際に少し考えてみるべきだ。

・前から欲しかった
・部屋に合う家具がほしい
・たまにはオシャレがしたい

若い女性ならこのように考え買い物するだろう。
しかし、生活が苦しいのなら、このような発想で買い物をしてはならない。

買うかどうかを決めるのは、

必要かどうか

で決めるべきなのだ。

そして、どんなに苦しくても確実にお金を残すことが必要だ。
例えば、結婚資金のために毎月1万円を貯金するといった具合だ。
たまたま残ったお金を貯めるのではなく、
給料をもらったら、無いものと考えて別の口座に貯めることが重要なのだ。

関連記事

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代 と呼ばれる人たちの中に、 貧

記事を読む

子どもの貧困は将来に影響する

■ 子どもの貧困率 貧困率とは、世帯所得から国民一人ひとりの所得を試算し、 中間に該当する人の所

記事を読む

ホームレス貧困女子の厳しい生活

ホームレス貧困女子は身近に存在する ホームレスと言えば年配の男性を想像しますが、 ごく稀に若い女

記事を読む

ベッキー不倫騒動の結末

■ ベッキーの不倫騒動はわかっていたことではないのか ベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷

記事を読む

読者モデルの貧困生活

読者モデルは職業ではない 読者モデルをしている33歳の女子は、 本物のモデルを目指して奮闘中。

記事を読む

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

マイルドヤンキーという生き方

マイルドヤンキーという生き方は幸せだろうか 貧困女子を語るうえでマイルドヤンキーの生き方を知ること

記事を読む

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明るい年にしたいと願っている

記事を読む

女性の多い職場でのトラブル

貧困女子の中では、勤め先を辞めたことがキッカケと いう人も多いです。 では、なぜ勤務先を辞めるこ

記事を読む

ボランティア女子の意味不明な活動

■ ボランティアが好きな女性 少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。 その女性

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑