*

貧困女子の貯金

公開日: : コラム

貧困女子は貯金が苦手

貧困女子はお金を稼ぐ力が弱いうえに、貯金も苦手な人が多い。
非正規雇用が増えている今の日本では、安定した所得がないことは
若い女性のせいばかりではない。
しかし、貯金をするということは本人の能力次第で何とか
なるはずなのだ。

フリーターの綾菜さん(仮名・27歳)は月収13万円。
今後もずっと貧しい生活をしなければならのかと考えると不安だと言う。
それにもかかわらず貯金をしない。
できない性分というべきかもしれない。

先月は給料前に1万円を残したらしい。
しかし、ずっと食費を切り詰めたご褒美に
ひとりで高級すし店に行き1万円を使い切ったという。
せめて5千円でも貯金すれば良かったと思うのだが。

実は綾菜さんのように貯金が苦手な女性は多い。
なぜ貯金出来ないかと言えば、
いつ、どこで、いくら必要となるのかを考えていないからだ。

将来を考えない生活

普通であれば、2年以内に結婚資金を200万円貯めるとか、
留学費用として60万円を1年以内に作るとか、
目的をもってお金を貯めるはずだ。

しかし、貧困女子は日々の生活が常に苦しいと感じており、
少しでもお金に余裕ができると、自分へのご褒美として使ってしまう。
簡単に言えば、自分に甘いのだ。

さらに、生き方そのものに将来性がなく、就活、婚活など
今後の自分を見据えた活動をまるでしていない。
確率的には、このような女性は母子家庭で育っている場合が多い。
おそらく母親も行き当たりばったりで生きており、
それを見て育ったために将来性のない人間になってしまうのだろう。

間違ったお金の使い方

貯金をするためには、間違ったお金の使い方を改める必要がある。
まず、買い物をする際に少し考えてみるべきだ。

・前から欲しかった
・部屋に合う家具がほしい
・たまにはオシャレがしたい

若い女性ならこのように考え買い物するだろう。
しかし、生活が苦しいのなら、このような発想で買い物をしてはならない。

買うかどうかを決めるのは、

必要かどうか

で決めるべきなのだ。

そして、どんなに苦しくても確実にお金を残すことが必要だ。
例えば、結婚資金のために毎月1万円を貯金するといった具合だ。
たまたま残ったお金を貯めるのではなく、
給料をもらったら、無いものと考えて別の口座に貯めることが重要なのだ。

関連記事

独身と既婚はどちらが幸せか

独身女は既婚者を幸せだと思っている 特に40代独身の貧困女子に多いのですが、 既婚者は女の幸せを

記事を読む

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

介護離職で失う普通の生活 キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、 介護離職により貧困

記事を読む

高学歴の貧困女子たち

一般的に、貧困女子は低学歴なのですが、年々高学歴化しています。大学卒業後に就職したとしても、会社を辞

記事を読む

産後クライシスになった貧困夫婦

■ 産後クライシスになると幸せな結婚生活ではなくなる 産後クライシスとは、出産後に夫婦仲が悪くなる

記事を読む

貧困女子大生の目指す道

貧困生活を送る女子大生 夢の実現のため、自らが働いて学費を捻出している 女子大生がいます。 仕

記事を読む

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。 そんな夢を叶えてくれるの

記事を読む

幼少期のトラウマが原因で普通の生活ができない女

幼少期のトラウマが原因 幼少期のトラウマが原因で、普通の生活ができない女性がいます。 20代

記事を読む

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話です。 彼女の生活は収入面

記事を読む

意識高い系女子は結婚まで至らない

意識高い系女子には結婚に至らない理由がある 意識が高いというのは、本来よい意味なのですが、 最近

記事を読む

貧困女子と過重労働の二択なら

貧困女子と過重労働はどちらが苦しいのか 大手広告代理店の新入社員女性が自ら命を絶ちました。 普通

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑