*

アラフォー貧困女子の実態

公開日: : コラム ,

アラフォーで貧困女子になる理由

貧困女子は若い世代ばかりではない。
アラフォーにも生活困窮者がいるし、立ち直りにくいことを考えると、
むしろ状況は悪いと言える。

では、なぜ知識も経験も豊富なアラフォーたちが、
貧困女子になるのだろうか。

該当者からその理由を聞いてみると、
多かった答えベスト3は、

1、転職の失敗
2、精神的な病気
3、男に金を使ってしまった

であった。

転職で失敗をする人の多くは、次の仕事が決まる前に
退職をしている。
ずっと働き続けたのだから、少しゆっくりしたいとの思いから、
失業保険を満額もらってから次の仕事に就きたいと考えるのだ。

休みも少なく、長時間労働が当たり前の日本で働いていたのだから、
退職したときくらいのんびり過ごしたいと考えるのは悪くはない。
しかし、失業保険を受給中に1日1時間でもいいので、
転職活動をするべきなのだ。

次に多かったのが、精神的な病気だ。
なかでも、パワハラを受けたとか、長時間労働を強いられたことで、
うつ病になるケースが多かった。

最近では、ワタミで働いていた森美菜さんが過労で自殺したことに
よる訴訟がニュースとなった。
ワタミが遺族側に対し1億3365万円を支払い和解が成立した。

このような最悪の事態にならないまでも、長期間うつ病で苦しむ人が
少なからずいるのだ。

a0001_016469

3つめの「男に金を使ってしまった」は
アラフォーならではかもしれない。
早く結婚しなければならないと考える女性は、
甘い言葉をかける悪意ある男性に騙されやすいのだ。

婚約者が事業を立ち上げるため、500万円を貢いだ挙句、
連絡がとれなくなったという女性もいた。

アラフォー女子 貧困からの脱却

アラフォーが貧困女子にならないために最も良い方法は
結婚することかもしれない。

たとえ高給取りの男性でなくても、2人で力を合わせて
生活をすれば、十分暮らしていけるだろうし、
幸福感も高いだろう。

しかし、それも叶わず生活苦に陥ってしまった場合は、
まずは恥を忍んで親を頼ることだろう。
親を頼ることができない理由があるならば、
給料が高くなくてもいいから、無理せず働ける会社に勤め、
もらえる給料の中で楽しめる生活を構築することが重要となる。

精神的、あるいは肉体的な病気を抱える場合は、
国の制度に頼るべきなのは言うまでもない。

関連記事

介護職を選ぶ女子は貧困になる可能性が高い

介護職に就く女子は貧困になりやすい 少子高齢化の時代に突入し、介護現場の人手不足が問題と なって

記事を読む

貧困女子高生うららさんへのバッシングが止まらない

貧困女子高生うららにバッシングするネット住民 先月NHKの番組で報じられた貧困女子高生の「うららさ

記事を読む

ネイルサロン経営者の貧困女子

事業経営者になってもやっぱり貧困女子 幼少期から続く貧しい暮らしから抜け出そうと 必死にもがく女

記事を読む

働かない貧困女子

働かない貧困女子のゆるい生活 明るい性格の貧困女子が埼玉県に暮らしています。 彼女は33歳独身で

記事を読む

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。 そんな夢を叶えてくれるの

記事を読む

「ノンママ」になりたかったわけじゃない

ノンママ否定はやめてほしい 出産しないという選択をした女性のことを「ノンママ」と 言います。

記事を読む

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。 最近、ネットニュース等で話題

記事を読む

10代で妊娠した貧困女子

10代で妊娠すると貧困女子になるのか 10代で妊娠する女性の多くは、低学歴の人です。 女性に

記事を読む

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑