*

貧困女子の結婚観

公開日: : コラム

貧困女子は結婚できない?

よくテレビのインタビューなどで、
「正社員じゃないし、お金もないので結婚できない」
と言っているアラサ―女子がいる。

ハッキリ言って、このような女が結婚できないのは、
非正規雇用や貧困のせいではない。

結婚という新しい人生に対し、消極的だからだ。

そもそも適齢期にも関わらず独身の女性には2パターンある。

① やりたいことがあって自らの意志で結婚しない女性
② 結婚したいが相手が見つからない女性

自らの意志で独身の女性は特に問題ない。
問題なのは、結婚したいと思っていてもできない女だ。

では、なぜふさわしい男性にめぐりあえないのだろうか。
独身女性に言わせると、いろいろな理由をあげてくる。

・出会いがない
・ブサイクだから
・太っているから
・貧困女子だから

しかし男性に聞くと、上記の理由は、
どうしても好きになれない女性というわけではないらしい。

そもそも、太っていてもブサイクでも結婚している女性はいるし、
相手が貧困かどうかなんて気にする男性は少数派だ。

変なこだわりがある女は結婚できない

あかねさん(32歳・派遣社員)と男性との付き合いについて
話をしたことがある。

彼女は正社員時代に、2LDKの中古マンションを
900万円で購入している。
ローンはあと数年で完済する予定らしい。

生涯独身を希望しているからマンションを購入したわけではない。
部屋の内装を自分の好みにしたかったからだ。

部屋を見せてもらうと、各部屋の壁紙の色は違っていた。
色というよりも各部屋にインパクトのある絵が描かれている。
淡いピンク色の壁紙にアニメキャラクターが描かれている部屋や、
灰色一色の中に黒いクモが描かれた部屋。
照明器具も「どこで売っているの?」と聞きたくなるような
奇抜なものだった。

彼女は出産できなくなる前には結婚したいというが、
新婚生活は自分のマンションでないとイヤらしい。

あかねさんは可愛らしい顔立ちで、スタイルも悪くはない。
性格も温厚なのであるが、部屋へのこだわりがすごすぎるのである。

おそらく、出産は難しいかもしれない。

彼女のように趣味や趣向に強いこだわりがある女性は
男性に好かれないようだ。

また、相手の男性に対してこだわりが強い女性も同様だ。

・手に毛が生えている男性が好きじゃない
・家のトイレでは必ず座ってしてほしい
・身長は自分より20cm以上高くないとダメ
・3つ年上がいい
・新居は自分の実家の近くにしてほしい

このように言っていた女性たちがいたが、
40歳を過ぎて未だに独身だ。

貧困女子のこだわり

貧困女子の場合、定職についてからとか、
100万円貯金できてからとか、
男性と付き合う前に自らにハードルを課していることが多い。

そして、結局そのハードルはいつまでも越えられない。

そんなことは気にしなくても良いのだ。

ありのままの自分を正直に話せばいいのだ。
そのほうが男性は受け入れてくれるし、
貧困女子からの脱却の道も開けるはずである。

関連記事

ディズニーまた値上げ! 貧困女子には行けない夢の国

■ ディズニー毎年恒例の値上げ 3年連続でディズニーランド、ディズニーシーの入園料が 値上がりし

記事を読む

酷い生理痛が原因で働けない女性

生理痛が酷いので働けません 女性なら誰もが経験する生理痛。 酷い痛みに耐え切れず、仕事、恋愛、そ

記事を読む

独身と既婚はどちらが幸せか

独身女は既婚者を幸せだと思っている 特に40代独身の貧困女子に多いのですが、 既婚者は女の幸せを

記事を読む

貧困女子をねらった資格ビジネス

貧困女子を食い物にする資格ビジネス詐欺が横行しています。 英会話、パソコン系の資格、花嫁修業系の資

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない人が稀にいます。 一生懸命に

記事を読む

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

貧困女子と過重労働の二択なら

貧困女子と過重労働はどちらが苦しいのか 大手広告代理店の新入社員女性が自ら命を絶ちました。 普通

記事を読む

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。 ケアハ

記事を読む

保育士 仕事はキツイし給料は安いしやってられない

■ 保育士を希望する女たち 保育士の給料は比較的安く、そのうえ仕事はハードであると テレビ等のメ

記事を読む

モラスハラスメントで生活苦

高橋ジョージさん、三船美佳さん夫妻の離婚裁判が報じられて以来、一躍有名になった「モラルハラスメント」

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑