*

下流老人は男性ばかりではない

公開日: : コラム

■ 下流老人と言えば

最近よく耳にするようになった

下流老人

という言葉。

生活保護を受けるに値する高齢者のことを示す言葉です。

下流老人の定義には所得や年齢がありますが、
性別はありません。
しかし、何となく男性をイメージしている言葉のような気がします。

ですが、やはりいるのです。
女性の下流老人が。

もともと男性は一人で趣味に没頭したり、
テレビを見たりして過ごすことに慣れていますが、
女性はおしゃべり好きだし、友達とお出かけするのも
大好きです。
お買い物も大好きです。

そんな女性が貧困のまま高齢者になったとしたら、
悲惨すぎる人生だと思います。

■ 貧困女子の行く末は下流老人

高齢男性の生活困窮者の中には、現役時代には人並み以上の
所得があった人も少なくないと言います。

ところが、見栄を張るために高額な買い物をしたり、
後輩に必要以上に奢ったりするなどの散財をした結果、
老後の蓄えができないのです。
また、結婚していたとしても、熟年離婚をしていたり、
奥さんを大切にしてこなかったゆえに、家族から相手に
されなくなり、精神的にも寂しい老後が待っているのです。

過去の栄光が全く生かされない寂しい結末です。

これが女性の場合だと少し事情が異なります。
女性は男性に比べ堅実な人が多いため、
ある程度の所得があった場合、その一部を貯蓄に回します。

しかし、顔やスタイルにも自信がなく、学歴もない女性だと
結婚できないうえに、満足に稼ぐことができません。
特に、現在65歳前後の女性の場合、
現役時代に正規雇用に就ける機会は少なく、
全く貯蓄することができないのです。

ひどい場合だと、厚生年金にも加入しておらず、
国民年金保険料も払う余裕がなかったという女性もいます。

つまり、現役時代も貧乏暮らしで、
老後はそれ以上の惨めな生活を送ることになります。

普通に考えれば、生活保護が受けられるのではないかと
思いますが、知識もなく、相談する家族も友人もいないため、
ひたすら貧しさに耐えるしかないのです。

今現在、貧困女子に分類されている若い世代の女性も
行く末は「下流老人」です。

■ 常に貧乏な女

美人じゃなくても、学歴がなくても幸せな結婚をしている
女性はたくさんいます。
性格が良かったり、あげまんと呼ばれる女性のように
男性を出世させる力があれば幸せな人生となるでしょう。

今も昔もごく普通のコミュニケーション能力があれば、
そこそこの幸せは獲得できます。

常に貧乏な女というのは、ほんの少しの人並み程度の
能力もない人たちです。

そのような女性は、成長しようと思わない限り、
亡くなるまで貧乏生活をすることになります。

関連記事

貧困女子の連鎖

貧困女子は連鎖するもの 自分の母親も貧困女子だったというケースが多く存在します。 親が貧困ゆえに

記事を読む

高校2年生で自分は貧困女子になると自覚した子

■ 高校2年で人生を諦めている子 高校2年生といえば、これからの将来が楽しみな年頃です。 しかし

記事を読む

キャリアウーマンだった女がなぜ貧困女子になったのか

キャリアウーマンだった女が一転して貧困女子になってしまった理由 有名女子大学を卒業し、大手IT企業

記事を読む

シングルマザー貧困女子の地獄

貧困女子の中でもシングルマザーはまさに地獄のようだ。 母子家庭で子供を育てるのは確かに大変だ。

記事を読む

貧困女子をねらった資格ビジネス

貧困女子を食い物にする資格ビジネス詐欺が横行しています。 英会話、パソコン系の資格、花嫁修業系の資

記事を読む

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。 ケアハ

記事を読む

「おひとりさま」を覚悟した女

「おひとりさま」という人生 先日、テレビの特集で「おひとりさま」の生活を 取材していました。

記事を読む

男女の賃金格差を気にする女性たち

日本には男女の賃金格差が存在する 昔に比べ女性の労働環境が良くなった現代の日本でも 男女の賃金格

記事を読む

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

介護離職で失う普通の生活 キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、 介護離職により貧困

記事を読む

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑