*

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

公開日: : 最終更新日:2016/02/15 コラム , , , ,

■ 育休議員の不倫活動

妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、
育児休暇を取得した自民党の宮崎健介衆院議員(35)。

イケメン政治家で奥様思い。これからはイクメンとしても
活躍するのでしょう。

と思いきや

なんと不倫していたことが発覚しました。

不倫のお相手は、タレント宮沢磨由さん(34)。

ネットニュースでは、「育休議員」などと呼ばれ、
完全に皮肉られております。
もう自民党を追い出されてしまうかもしれませんね。

不倫活動が明るみになったことにより、
育児休暇を取得したことは売名行為だったと言わざるを得ません。
宮崎けんすけ衆院議員が掲げる「子ども・子育て支援の充実」という
政策方針は、信憑性に欠けるものとなってしまいました。

但し、「人口減少問題に対処するため、総合的な少子化対策に取り組み」
という政策方針には真実味があります。
正妻、不倫相手問わず子供を作れば、少子化対策にはなりますから。

■ 宮崎健介衆院議員は美人が好き

奥様の金子恵美衆院議員(37)は「美人すぎる国会議員」として
評判の美しい女性です。
ミス日本の関東代表に選ばれたこともある正真正銘の美人です。

そして、不倫相手の宮沢磨由さん(34)もかなりの美形です。
グラビアをやっていただけに、スタイル的にも男性好みで、
フェロモンたっぷりという感じです。

そして、実は宮崎健介衆院議員は今回の結婚は2度目なのです。
つまりバツ1。
(今後バツ2になる可能性は大でしょうけど)
前妻もとてもお綺麗な方でした。
しかも国会議員。

前妻は、加藤紘一元幹事長の長女の「加藤鮎子衆院議員」。
真面目そうな感じの美女です。
3年くらいの結婚生活の後、離婚しております。

美人好きの男性は浮気性の人が多いと聞きますし、
お笑いタレントの狩野英孝もそうですが、
1人の浮気相手がいたのなら、他の数人は隠していると
みて間違いないでしょう。

もうそういう生き物なので、諦めるしかありません。
女性はこのような男性には、近寄らないか、許してあげるか
の2択になるかと思われます。

■ 不倫された女性の今後

金子恵美(37)自身も自民党の議員なので、
不倫相手を訴えたり、すぐに離婚したりはしないでしょう。

それこそ自民党の面汚しになってしまうので、
他の重鎮議員さんにはいろいろと忠告を受けているでしょう。

「ほとぼりが冷めるまで、面倒は起こすな。」

このように言われているはずです。

さて、もし貧困女子が結婚し浮気をされたなら、
絶対に相手女性を訴え、すぐに離婚するべきです。
もちろん、多額の慰謝料をもらって。

不倫をするような男性に舐められてはいけません。
どうせ許してもまた同じことを繰り返すだけだし、
出来る限りの制裁を加えるべきです。

関連記事

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている派遣社員の 絵美さん(25歳

記事を読む

「おひとりさま」を覚悟した女

「おひとりさま」という人生 先日、テレビの特集で「おひとりさま」の生活を 取材していました。

記事を読む

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。 ケアハ

記事を読む

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

キャリアウーマンだった女がなぜ貧困女子になったのか

キャリアウーマンだった女が一転して貧困女子になってしまった理由 有名女子大学を卒業し、大手IT企業

記事を読む

ボランティア女子の意味不明な活動

■ ボランティアが好きな女性 少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。 その女性

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代 と呼ばれる人たちの中に、 貧

記事を読む

貧困女子の賃貸アパート

貧困女子の家賃相場 貧困女子の住む家は、安アパートであることが多いです。 お金がないのだから、当

記事を読む

マイルドヤンキーという生き方

マイルドヤンキーという生き方は幸せだろうか 貧困女子を語るうえでマイルドヤンキーの生き方を知ること

記事を読む

貧困女子を非難する声

貧困女子はなりたいと誰しもが思っているはずです。 何とかしようと思っているけど、抜け出せない。

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑