*

ディズニーまた値上げ! 貧困女子には行けない夢の国

公開日: : 最終更新日:2016/02/20 コラム ,

■ ディズニー毎年恒例の値上げ

3年連続でディズニーランド、ディズニーシーの入園料が
値上がりします。
もはや毎年恒例と言っても過言ではないでしょう。

今回は2016年4月1日より、大人1日券が500円値上がりします。
その他、中人、小人、年間パスポートなども値上がりします。

ディズニーファンにとっては、「勘弁してくれ~」などという声も
あがっているようですが、ディズニーも商売でやっております。
1年に1度の値上げは当然でしょう。

常に混雑しているパークですから、多少値上げしても、
入場者数が減少するとは考えにくいですから。

実際、オリエンタルランド広報部も取材に対し、強気なコメントを
残しております。

「パークの価値に見合った価格を提示したい」

おそらく、2017年度も値上がりはあるでしょう。

■ ディズニーランドにハマる女性たち

ディズニーランドが大好きな女性は昔から多くいます。
乗り物だけでなく、パレードや夢の国ならではの工夫が
女性たちを魅了するのでしょう。

しかし、現実と夢の見境が無くなりつつある人もいるようです。

あゆみさん(29歳・フリーター)は高校時代に初めてディズニーランドに
来て以来、その魅力に取りつかれています。
ディズニーに近づけるという理由だけで、和歌山から東京の大学に
進学したほどですから、かなりの重症です。

大学卒業後は出版社に就職するも、仕事が忙しく、
ディズニーを最優先にすることができないため、3年で退職。

以来、アルバイトをしながら週に1度はディズニーランドに
足を運んでいます。

会社員時代に初めて彼氏ができたとき、2人でディズニーランドに
来たことがあるといいます。
ところが、自分のペースで見ることができないので、
男性と来ても面白くないということが分かったそうです。

今では、あゆみさんがディズニーに行くときは、
ミッキーファンの女友達か、ひとりだそうです。

あゆみさんのように頻繁にディズニーランドに行く人は、
年間パスポートを購入します。
ランド、シーそれぞれ59,000円です。
(2016年4月1日からは63,000円に値上がりします。)

年パスなら、ランドとシー両方買っても118,000円です。
生活を圧迫するほどの出費にはなりません。
しかし、熱狂的なファンは、パーク内での食べ物にこだわったり、
大量にグッズを購入したりするので、かなり高額な出費を
することになるのです。

■ 趣味に没頭しすぎる女の結末

ディズニーの値上がりが発表されると、貧乏人は行けなくなると
いうようなニュースを耳にします。
それは間違いではありませんが、正確でもありません。

ディズニーランドに大金を使ってしまうがゆえに
貧困女子になってしまうのです。

ひとつの趣味に没頭しすぎる女は、
男性からはモテない場合が多いです。
その結果、余計に趣味に没頭し、お金と時間を使うことになります。

彼女たちの結末は、ずっと独身の貧乏老人です。

まあ、本人たちの夢が覚めないのならかまわないのですが。

関連記事

男女の賃金格差を気にする女性たち

日本には男女の賃金格差が存在する 昔に比べ女性の労働環境が良くなった現代の日本でも 男女の賃金格

記事を読む

若年者の貧困は親の責任でもある

■ 若者の貧困は親の育て方が悪かったせい 若者の貧困が問題になっており、 ニュース等でも大きく報

記事を読む

ベッキー不倫騒動の結末

■ ベッキーの不倫騒動はわかっていたことではないのか ベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷

記事を読む

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしをするために 手っ取り早い手段

記事を読む

貧困女子の結婚観

貧困女子は結婚できない? よくテレビのインタビューなどで、 「正社員じゃないし、お金もないので結

記事を読む

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをしても美人は許される。 今まで

記事を読む

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。 そんな夢を叶えてくれるの

記事を読む

男運がない女の共通点

「私、男運がないのよねぇ」が口癖の女たち 「私、男運がないのよねぇ」とよく言う女子がいます。 そ

記事を読む

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子の生活実態とは ほとんど役に立たない人間たちが被災地に駆け

記事を読む

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

介護離職で失う普通の生活 キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、 介護離職により貧困

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑