*

ベッキー不倫騒動の結末

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 コラム , , ,

■ ベッキーの不倫騒動はわかっていたことではないのか

ベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音の不倫騒動は
かなり大事になっています。

テレビ出演終了、CM打ち切りなど、ベッキー下ろしが過熱し、
芸能界から干されるのも時間の問題でしょう。
所属事務所のサンミュージックは「やられた」と思っているでしょう。

しかし、ベッキーのように清純派のタレントが、
不倫騒動を起こせば、このような事態になることは
誰にでもわかることです。

もしかしたら、ベッキーを良く思わないライバルタレントが
仕組んだことではないだろうかと思いましたが、
実際に川谷絵音のことが好きなそぶりも見せています。

LINEが世に出回ったことは不思議ですが、
彼らのやり取りには、真実味がありました。
こっそり会うような不倫ではなく、奥さんそっちのけで、
これからの人生を共に歩んでいくような
固い絆を感じました。

ベッキーも川谷絵音も今起こっている騒動は想定していたことで、
特に気にも留めていないのかもしれません。

今までテレビで活躍し、お金も稼いだので、
これからは2人で楽しく暮らすことだけを考えているのかも
知れません。

だとしたら、えらい肝っ玉の座りようです。

■ 不倫騒動を経験した女性の一生

はるみさん(31歳・会社員)は不倫の経験者です。
頻繁に来社される取引先の男性(36歳)に食事に誘われたことから
ツライ恋愛がスタートしました。

その男性はイケメンで、物腰がやわらかく、はるみさん好みの
男性でした。

彼から告白され、すぐに2人は恋人同士の関係になりました。
その1年後、彼から結婚をしていると告げられます。

はるみさんは泣きながら怒りましたが、
彼の丁寧な謝罪と、妻と別れて結婚しようという言葉を信じて、
不倫関係をスタートしました。

それから半年経っても彼は離婚しません。
はるみさんはいつ離婚するのかと詰め寄りました。
そこで、あと半年待ってほしいと言われ、彼を信じて待つことにしました。

しかし、最悪の結末が待っていました。
彼の奥さんがはるみさんの会社にやってきたのです。

そして、会社の同僚たちがいる前で、

「うちの旦那との不倫はやめてください。」

と大きな声で言われたのです。

その日のうちに奥さんの雇われた弁護士がやってきて、
慰謝料の話になりました。
最終的に100万円を支払うことになりました。

会社も自主退職せざるを得ない状況になりました。
不倫の噂が社内中に広まってしまったのですから当然です。

実は彼ははるみさん以外にも浮気相手が3人いたそうです。

■ 「取ったら取られる」ということを理解すべし

どんなに魅力的な男性であっても、奥さんのいる男性から取ることに
成功しても、最後は取られるということを知っておかなければ
なりません。

不倫した結果、最悪の事態になり、貧困女子になってしまうことが
少なくないのですから。

関連記事

読者モデルの貧困生活

読者モデルは職業ではない 読者モデルをしている33歳の女子は、 本物のモデルを目指して奮闘中。

記事を読む

貧困女子と風俗業界

風俗業界に身を置いた貧困女子は、裕福な生活が手に入れられるのでしょうか。 いつの時代も性風俗が

記事を読む

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子の生活実態とは ほとんど役に立たない人間たちが被災地に駆け

記事を読む

ボランティア女子の意味不明な活動

■ ボランティアが好きな女性 少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。 その女性

記事を読む

独身と既婚はどちらが幸せか

独身女は既婚者を幸せだと思っている 特に40代独身の貧困女子に多いのですが、 既婚者は女の幸せを

記事を読む

貧困女子の貯金

貧困女子は貯金が苦手 貧困女子はお金を稼ぐ力が弱いうえに、貯金も苦手な人が多い。 非正規雇用が増

記事を読む

貧困女子の彼氏たち

付き合っている女性が貧困女子だったという男性たち数人に 話を聞きました。貧困女子は、「でもね」とか

記事を読む

酷い生理痛が原因で働けない女性

生理痛が酷いので働けません 女性なら誰もが経験する生理痛。 酷い痛みに耐え切れず、仕事、恋愛、そ

記事を読む

「おひとりさま」を覚悟した女

「おひとりさま」という人生 先日、テレビの特集で「おひとりさま」の生活を 取材していました。

記事を読む

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。 ケアハ

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑