*

20代の貧困女子 若くして底辺の生活を送る理由

公開日: : コラム

■ 20代で貧困女子になった理由

一般的には、男性も女性も若いうちはお金をあまり持っていません。
しかし、昔ほどではないですが、男性はサラリーマンになれば、
少しずつでも給料が上がっていくため、20代後半になれば、
普通の暮らしができるようになります。

それに対し女性は、その場しのぎの仕事をしていることが多いです。
若いうちから、ショップ店員、カフェ店員、スイミングのインストラクターなど
のアルバイトをします。
ショップ店員やカフェ店員などは、一見オシャレに見えますが、
誰にでもできるアルバイトの仕事です。
インストラクターに関しても、その経験を生かしお金を稼いでいくには、
活躍の場が狭すぎます。

最終学歴を終えた女性がアルバイトをする傾向は、
高卒でも短大卒でも、大卒でもあります。
学歴は関係ありません。

「就職活動(就活)」という関門から逃げた女性が
その場しのぎの仕事に就きます。
男性より女性のほうがこの傾向にあります。

たしかに就職活動は大変です。
自分をアピールし、会社の人たちに認めてもらわなければ
ならないのですから。
これを乗り越えた実績は、今後の大きな糧になります。
絶対に逃げてはならないのです。

20代で貧困女子になった理由は、

「就職活動から逃げた」

からで間違いありません。

■ 豊かな生活はやってくるのか

内定がもらえるまで就職活動をしなかった女性は、
派遣社員やバイトをしていても、何か辛いことがあると
すぐに辞めてしまいます。
また、逆に辛いことがないと、そのぬるま湯から出ようとはしません。

それでも、普通の男性と知り合い、旦那様が働いてくれて、
自分は専業主婦かパート主婦にでもなれればよいですが、
ぬるま湯の仕事しか経験していない女性は、男性から敬遠されます。

30代、40代になっても、派遣やバイトをする生活になります。

美和さん(33歳・派遣社員)は派遣だって立派な仕事だと
言っていました。
彼女は同じ職場で6年働いており、若い正社員の子よりも
仕事ができるといいます。
それにも関わらず、自分のほうが給料は安いし、
重要な会議には参加できないと不満をもらしていました。

実は美和さんは勘違いしています。
彼女は派遣会社の人間であり、働いている会社の若い女性たちは、
その会社の正社員です。

全く立場が違うのです。

その会社の社員に指示をもらって仕事をするわけですから、
正社員の人よりも仕事ができるという発想そのものが
間違いなのです。

それに、正社員の若い女性たちは、就職活動をして
会社に認められた人たちです。
立派に関門を通過してきているのです。

文句があるのなら、正社員になればいいだけの話なのです。

若いうちから貧困女子だった人は、
出来るだけ早めに自身の考え方を改めなければ、
豊かな生活は訪れないでしょう。

関連記事

結婚願望が強すぎる女性

結婚願望が強い女 ある機関の調査結果によると、新社会人の女性の4人中3人が 結婚願望を持っている

記事を読む

マイルドヤンキーという生き方

マイルドヤンキーという生き方は幸せだろうか 貧困女子を語るうえでマイルドヤンキーの生き方を知ること

記事を読む

ワーキングプアから抜け出せない30代女性たち

ワーキングプアに苦しむ30代女性 働いているのに生活が楽にならないワーキングプア。 その多くは3

記事を読む

ボランティア女子の意味不明な活動

■ ボランティアが好きな女性 少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。 その女性

記事を読む

NHKで話題になった貧困女子高生のうららさんについて

貧困女子高生と称される「うららさん」の将来 NHKの番組で「うららさん」という貧困女子高生が 紹

記事を読む

意識高い系女子は結婚まで至らない

意識高い系女子には結婚に至らない理由がある 意識が高いというのは、本来よい意味なのですが、 最近

記事を読む

男に好かれる貧困女子

貧困女子でも男に好かれるなら問題なし? 貧困女子と言えば、お金もなく孤独に暮らしている 印象があ

記事を読む

女性の多い職場でのトラブル

貧困女子の中では、勤め先を辞めたことがキッカケと いう人も多いです。 では、なぜ勤務先を辞めるこ

記事を読む

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている派遣社員の 絵美さん(25歳

記事を読む

貧困女子を非難する声

貧困女子はなりたいと誰しもが思っているはずです。 何とかしようと思っているけど、抜け出せない。

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑