*

産後クライシスになった貧困夫婦

公開日: : 最終更新日:2016/03/06 コラム

■ 産後クライシスになると幸せな結婚生活ではなくなる

産後クライシスとは、出産後に夫婦仲が悪くなることです。
これは珍しいことでもなく、産後2年以内に離婚が多いという
調査結果もあります。

原因はいろいろあるようです。
・産後女性のホルモンバランスの乱れ
・育児に参加しない旦那への嫌気
・慣れない子育てのストレス

人それぞれ原因は違いますが、
夫婦仲が冷え込みやすい時期を乗り越えてこそ、
何十年も付き合っていける夫婦に成長するのだと思います。

しかし、残念ながらケンカが絶えず離婚した若い夫婦がいます。
恵子さん(22歳・アルバイト)は20歳のときに
できちゃった婚をして、21歳で長女を出産しました。

彼女は高校卒業後、やりたいことが見つからず、
カラオケ店でアルバイトをしていました。
19歳のときに同じ店でアルバイトをしている
2歳年上の男性と付き合うようになり、
その彼との子を身籠りました。

彼はバンドをやっていて、メジャーデビューを夢見ていました。
恵子さんはやりたいことを明確に持っている彼が
かっこよく見え、彼の夢を応援していました。

しかし、結婚して子供ができると、夢ばかり見ていられません。
両方の親からは結婚を反対されていて、頼ることができないため
彼が働いて養うしかない状況なのです。

彼も自分の立場を理解しており、アルバイトをしながら
正社員の仕事を探し始めました。
バンドは子供が大きくなり、恵子さんが働けるようになったら
再開するという約束をしました。

ところが、高校卒業後アルバイトしかしてこなかった彼にとって、
就職活動は厳しい関門でした。
履歴書を送っても面接に呼ばれなかったのです。

彼は就職活動を頑張っているのですが、
恵子さんからすると、すぐにでも働いてほしいのに
なかなか就職先を見つけてくれないと思います。

自分は家事と育児を頑張っているのに、
旦那には真剣さが感じられない。

しかも、夜になると体を求めてくる。
これが恵子さんには信じがたく、許せませんでした。

「父親のくせに働きもしないで、そんなことばから考えて。」

少し前まで尊敬していた彼のことを、
情けない男と思うようになっていました。

■ 夫婦仲が悪くなると貧乏になる

子供が10ヶ月になる頃、恵子さん夫婦は
言い争いが絶えなくなりました。

仲が悪くなると、ますます働こうとしなくなる旦那。
まさに悪循環なのです。

ついには貯金も底をつき、オムツも買えない状況になりました。
そして、結婚から1年後に離婚しました。

■ 自ら貧困女子になる

恵子さんは離婚後、両親に詫びを入れ、援助を求めました。
しかし、父親に許してもらえませんでした。

今では離婚したことを後悔しています。
もう少し旦那に優しくしていれば。
就職活動が頑張れるように、応援してあげていれば。

今の恵子さんは貧困女子です。
これは自らの判断ミスと言わざるを得ません。

関連記事

貧困女子をねらった資格ビジネス

貧困女子を食い物にする資格ビジネス詐欺が横行しています。 英会話、パソコン系の資格、花嫁修業系の資

記事を読む

貧困女子の仕事

貧困女子の間違った仕事選び 貧困女子に多い職業のひとつとして、「介護職」があります。 介護の仕事

記事を読む

「ノンママ」になりたかったわけじゃない

ノンママ否定はやめてほしい 出産しないという選択をした女性のことを「ノンママ」と 言います。

記事を読む

保育士 仕事はキツイし給料は安いしやってられない

■ 保育士を希望する女たち 保育士の給料は比較的安く、そのうえ仕事はハードであると テレビ等のメ

記事を読む

貧困女子高生うららさんへのバッシングが止まらない

貧困女子高生うららにバッシングするネット住民 先月NHKの番組で報じられた貧困女子高生の「うららさ

記事を読む

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。 最近、ネットニュース等で話題

記事を読む

男ウケしない30代の婚活女子

男ウケしない30代の婚活女子には共通点がある 30代女性の多くはそろそろ結婚しなければと考えていま

記事を読む

貧困女子を非難する声

貧困女子はなりたいと誰しもが思っているはずです。 何とかしようと思っているけど、抜け出せない。

記事を読む

NHKで話題になった貧困女子高生のうららさんについて

貧困女子高生と称される「うららさん」の将来 NHKの番組で「うららさん」という貧困女子高生が 紹

記事を読む

ネイルサロン経営者の貧困女子

事業経営者になってもやっぱり貧困女子 幼少期から続く貧しい暮らしから抜け出そうと 必死にもがく女

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑