*

若年者の貧困は親の責任でもある

公開日: : 最終更新日:2016/03/09 コラム ,

■ 若者の貧困は親の育て方が悪かったせい

若者の貧困が問題になっており、
ニュース等でも大きく報じられています。
年功序列の時代ではなくなったとはいえ、
普通に働いていれば、それほど貧困にはならないようにも
思えますが。

貧しい暮らしをする原因は、一番は本人にあると思います。
しかし、親の育て方にも問題があると考えます。

貧乏暮らしをしている20代の若者数人に話を聞いたところ、
親の教育に関して、2つの共通点がありました。

1つは幼少期に遊びから帰ってくる時間が明確でなかったこと。
このことで、大人になってから時間にルーズなる可能性が
高いと考えられ、社会人になっても定時刻に出社することが
できなくなります。

2つ目は、健康管理について厳しく言われなかったこと。
手洗いやうがい、歯磨きなど基本的なすら教わってこなかった
と言っていました。
当然ながら、健康管理ができなければ、社会人としては失格です。
まともに働くことなどできません。

■ 貧困が連鎖しない場合もある

「貧困は連鎖する」

とよく言われます。
このことについて異論はありません。
事実、片親に育てられ、子供のころから貧乏だった人が、
大人になっても貧困であるという話はよく聞きます。

しかし、連鎖しない場合も少なくありません。

父親が商社マンで年収1,500万円あるという
20代の女性もまた生活困難者です。

彼女の場合は、とにかく勉強しろと言われ続け、
その反発心から勉強が嫌いになりました。
また、いくら勉強ができても父親のような性格になるのなら、
むしろバカでいいと考えるようになったと言います。

ただ勉強しろと頭ごなしに言われても、
やる気が起きる子は少数派です。

親自身が高学歴で、高収入であっても、
学問の楽しさとか、将来への生かし方を教えられなければ、
良い結果など生まれません。

■ 貧困女子になったとしても

仮に貧困女子になったとしても、ある程度のところで
立ち直れる人もいます。

追い求めている夢を持ち続けながらも
このままじゃいけないと働き始める女性。

仕事が長続きしなかったけれど、
無職ではダメだと就職活動には真剣に取り組む女性。

このような立ち直れる女性たちは、
親の踏ん張るところを見てきた人たちだと思います。

多少貧乏であったとしても、絶対に子供を育て上げると
奮闘していた親の背中を見ていたからだと思います。

結局、だらしなさすぎて、ギリギリのところで
踏ん張れない親を見て育つと、
自分も適当でいいと勘違いしてしまうのかもしれません。

関連記事

下流老人は男性ばかりではない

■ 下流老人と言えば 最近よく耳にするようになった 下流老人 という言葉。 生活

記事を読む

ネットカフェ難民の行く末

ネットカフェ難民という言葉が世に知れ渡ってから数年経ったと思います。この言葉は、ドキュメンタリー番組

記事を読む

リア充になる方法がわからない女子

リア充になる方法を知らないために不幸感漂う女子 リア充になる方法を知らないために、いつもつまらなそ

記事を読む

もし新入社員が貧困女子だったら

貧困女子だという新入社員 最近、女友達のひとりが、 「今年も面白い子が入社してきたよ」

記事を読む

NHKで話題になった貧困女子高生のうららさんについて

貧困女子高生と称される「うららさん」の将来 NHKの番組で「うららさん」という貧困女子高生が 紹

記事を読む

マイルドヤンキーという生き方

マイルドヤンキーという生き方は幸せだろうか 貧困女子を語るうえでマイルドヤンキーの生き方を知ること

記事を読む

ゆとり世代の貧困女子には気力が感じられない

■ ゆとり世代の女性たち ゆとり世代の新人女性たちの教育をした人たちは 口をそろえてこう言います

記事を読む

高校2年生で自分は貧困女子になると自覚した子

■ 高校2年で人生を諦めている子 高校2年生といえば、これからの将来が楽しみな年頃です。 しかし

記事を読む

アラフォー貧困女子の実態

アラフォーで貧困女子になる理由 貧困女子は若い世代ばかりではない。 アラフォーにも生活困窮者がい

記事を読む

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子の生活実態とは ほとんど役に立たない人間たちが被災地に駆け

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑