*

ゆとり世代の貧困女子には気力が感じられない

公開日: : 最終更新日:2016/03/12 コラム

■ ゆとり世代の女性たち

ゆとり世代の新人女性たちの教育をした人たちは
口をそろえてこう言います。

「価値観が違いすぎる」

と。

ゆとり世代の人たちは、学習内容が減らされていることは
もとより、学校によっては運動会やマラソン大会で
順位付けをしない教育を受けてきています。

しかし一人前になれば、ほとんどの世界で順位が重要になります。
スポーツ、資格取得の試験、就職先での成績など
順位がなければ成立しないし、面白みもありません。

今更ですが、ゆとり教育には疑問点が多数ありました。
そのような教育を受けてきた女性たちは、
何をやっても自信がないのです。

そして、仕事ができない、あるいは遅いと上司に注意を受けると、
すぐに泣きだし、自分には向いていないとか、もう辞めようかな
と言い出します。

仕事を教える側の人間からすると、やっかいな人間なのです。

■ 気力のない大人に成長した

ひとみさん(27歳・無職)はすでに4つの会社を退職しています。
最初の会社は運送会社の事務で、書類作成業務は淡々と
こなしていたのですが、電話応対が苦手でした。
自分の知らない業界用語を使われるお客様に
何と言ったか聞き返すと怒鳴られる。
口の悪い人が多い業界のため、最初は戸惑う人も多いのですが、
普通であれば、自分が成長し徐々に慣れていくものなのです。

しかし、ひとみさんは耐えることができません。
入社1年で退職したのですが、最後のほうは
電話がなるだけで泣いてしまったといいます。

彼女が辞めるといったとき、みんな口をそろえて、
「そのほうがいいよ」と言ったそうです。

次に入社したのが、大手スーパー。
内定者が辞退したとのことで、運よく正社員として
働くことができました。

しかし、ここでも上司に怒られることが多く、
毎日のように泣いていたといいます。

怒られる原因は、仕事が遅いこと。
そして、進捗を聞かれると時間内にできると答えるのですが、
その時間がきても終わっていないということが
多かったといいます。

彼女の言い分では、「聞かれたときは終わると思った」
とのことでした。
あまり反省してはいないようでした。

その後、派遣社員で2社働くも、長続きせずに退職。
現在無職で、自分は働くことに向いていないと言います。

■ 貧困女子になった理由がわからない

ひとみさんの生活はかなり困窮しています。
自分はしっかり働いているのに怒られてばかりいる。

こんなに冷たい世の中で満足にお金を稼ぐことなんてできない。
政治家の人たちが、普通に働ける世の中を
作らないことが悪いんだ。

そう考えているそうです。

なぜ、自分が貧困女子なのか、まったく理解していないようでした。

関連記事

「おひとりさま」を覚悟した女

「おひとりさま」という人生 先日、テレビの特集で「おひとりさま」の生活を 取材していました。

記事を読む

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている派遣社員の 絵美さん(25歳

記事を読む

ネットカフェ難民の行く末

ネットカフェ難民という言葉が世に知れ渡ってから数年経ったと思います。この言葉は、ドキュメンタリー番組

記事を読む

ぼっち充で結婚なんてする気がない女性の幸福感

ぼっち充の現状に満足している女たち ぼっち充の人が増えています。 男性の場合、仕事以外では会話が

記事を読む

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。 ケアハ

記事を読む

モラスハラスメントで生活苦

高橋ジョージさん、三船美佳さん夫妻の離婚裁判が報じられて以来、一躍有名になった「モラルハラスメント」

記事を読む

男運がない女の共通点

「私、男運がないのよねぇ」が口癖の女たち 「私、男運がないのよねぇ」とよく言う女子がいます。 そ

記事を読む

女性の多い職場でのトラブル

貧困女子の中では、勤め先を辞めたことがキッカケと いう人も多いです。 では、なぜ勤務先を辞めるこ

記事を読む

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子の生活実態とは ほとんど役に立たない人間たちが被災地に駆け

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑