*

ボランティア女子の意味不明な活動

公開日: : 最終更新日:2016/03/15 コラム

■ ボランティアが好きな女性

少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。
その女性は卒業を控えた大学4年生で、
卒業後の進路について親との折り合いがつかないと
話していました。

女性は将来の希望について聞かれると、
ボランティア活動をしていきたいと堂々と答えました。

すでに働いている人からすれば、

「何言ってんだ、コイツ」

と思われるかもしれません。

始めに断っておきますが、ボランティアは
とても素晴らしいことだと思います。
しかし、親の金で大学を卒業させてもらう人間が、
就職もせずにボランティアをやると言うことに
違和感を覚えるのです。

■ 働くことの重要性

働くことの意義には人それぞれの価値観があると思いますが、
最初に考えるのは、生活するお金を稼ぐためであります。

卒業後にボランティア活動をすると言った女性には
その概念が欠落しています。
生活費はどうするのかと尋ねられると、
ボランティアの合間にアルバイトをするので生活はできると
言っていました。

どこに住むのかわかりませんが、その程度の稼ぎでは
生活するのは難しいでしょう。
仮にできたとしても、極貧生活は免れません。

もしかすると、実家に住み続けボランティア活動をする
と考えているのかもしれません。

それなら尚のこと親との確執が生じるでしょう。

そもそも、まともに働きもせずフラフラしているのなら、
大学を卒業する必要はなかったはずです。
一般的に大学4年間でかかる費用は、通学費やその他を含めると
700万円くらいかかると言われています。

そのことについて感謝しているようには見えません。

もちろん、大学に通うことは就職するためだけではありませんが、
それにしても、社会人となり働くことがどれだけ重要か
ということをまるで理解していないと思われます。

■ 理想と現実

ボランティア活動というのは、善意の気持ちで行うものであり、
大変すばらしい行為です。

しかし、あくまで余力で行うものです。
自らがしっかりと稼いでいなければ、その善意は
単なる理想で終わってしまいます。

このような価値観の女性は貧困女子になりやすいと思われます。
自分にも他人にも甘すぎるためです。

あまりよい例えではありませんが、
彼氏に貢いだ挙句、捨てられるタイプだと言えます。

現実を見つめて、就職活動をして、
初任給で親にプレゼントをするくらいの優しさが
あってもよいかと思います。

関連記事

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話です。 彼女の生活は収入面

記事を読む

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている派遣社員の 絵美さん(25歳

記事を読む

保育士 仕事はキツイし給料は安いしやってられない

■ 保育士を希望する女たち 保育士の給料は比較的安く、そのうえ仕事はハードであると テレビ等のメ

記事を読む

ワーキングプアから抜け出せない30代女性たち

ワーキングプアに苦しむ30代女性 働いているのに生活が楽にならないワーキングプア。 その多くは3

記事を読む

男に興味がない女の共感できない暮らしぶり

男に興味がない女は静かに暮らしたい 最近の若い世代は、異性に興味がない人が増えているそうです。

記事を読む

40代の婚活女子 結婚できる人できない人の違い

婚活に必死な40代女性たち 40代になっても婚活に必死な女性が増えています。 幸せを獲得するため

記事を読む

男に好かれる貧困女子

貧困女子でも男に好かれるなら問題なし? 貧困女子と言えば、お金もなく孤独に暮らしている 印象があ

記事を読む

下流老人は男性ばかりではない

■ 下流老人と言えば 最近よく耳にするようになった 下流老人 という言葉。 生活

記事を読む

貧困女子大生の目指す道

貧困生活を送る女子大生 夢の実現のため、自らが働いて学費を捻出している 女子大生がいます。 仕

記事を読む

アラフォー貧困女子の実態

アラフォーで貧困女子になる理由 貧困女子は若い世代ばかりではない。 アラフォーにも生活困窮者がい

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑