*

高校2年生で自分は貧困女子になると自覚した子

公開日: : 最終更新日:2016/03/27 コラム

■ 高校2年で人生を諦めている子

高校2年生といえば、これからの将来が楽しみな年頃です。
しかし、もうすでに自分の将来は貧乏に決まっていると
諦めている子がいます。

美幸さん(高校2年)は両親と姉との4人暮らし。
3DKの賃貸アパートに住んでいます。
父親は定職に就くことを嫌い、非正規雇用の仕事を
転々としています。
母親もパート勤めで世帯年収は300万円ほどです。

低所得にも関わらず、両親ともに毎日のようにお酒を飲み、
さらに父親は遊び好き。
子供の塾や習い事などには一切お金をかけないし、
美幸さんは過去に本やおもちゃを買ってもらった記憶がありません。

「女は学がなくても生きていける」

これが父親の口癖であり、勉強は特にしなくてもよい
という家庭環境で育ちました。

3歳年上の姉は、地元で底辺の高校を卒業後、
飲食店で働いています。
美幸さんが年収を聞くと、両親には内緒という条件で
教えてくれました。なんと600万円です。

美幸さんは羨ましく思いました。
姉は子供の頃から可愛くて、今は男性が振り向いて見るほど
スタイルが良い美人です。
ところが美幸さんは、姉妹とは思えないくらい姉には
似ておらず、ブサイク顔で小太り体形です。

高校は姉よりワンランク上ではあるものの、
限りなく底辺に近いです。
頭も悪く、顔も良くない。

正社員で働くのも無理そうだし、飲食店など女を売りにする
仕事もできるわけない。

大人になってもお金持ちになれるわけがないと
諦めているのです。

■ 貧困女子になることは子供の頃から決定している

美幸さんは貧困女子になるのは、子供の頃から決まっているし、
そうなったのは親のせいだと考えています。
しかし、実際にはその考えは間違っています。

高学歴でも貧困女子はいますし、母子家庭で育った子でも
努力により一流企業に就職した女性もいます。

一般的には親の学歴は子に影響すると言われていますが、
必ずしもそうとは限らないのです。

■ 自分を信じることが必要

高校2年生であれば、たとえ中学レベルの勉強ができない
ようなおバカさんでも、これからの努力によって
どうにでもなります。

自分にはまだまだ可能性があると信じて
何事にも全力で取り組むことが大切だと思います。

関連記事

貧困女子高生うららさんへのバッシングが止まらない

貧困女子高生うららにバッシングするネット住民 先月NHKの番組で報じられた貧困女子高生の「うららさ

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない人が稀にいます。 一生懸命に

記事を読む

「ノンママ」になりたかったわけじゃない

ノンママ否定はやめてほしい 出産しないという選択をした女性のことを「ノンママ」と 言います。

記事を読む

発達障害のある女性の苦悩

貧困女子になる要因のひとつとして、 身体や精神の障害がある。 その要因のひとつとして、認知されて

記事を読む

男に興味がない女の共感できない暮らしぶり

男に興味がない女は静かに暮らしたい 最近の若い世代は、異性に興味がない人が増えているそうです。

記事を読む

20代の貧困女子 若くして底辺の生活を送る理由

■ 20代で貧困女子になった理由 一般的には、男性も女性も若いうちはお金をあまり持っていません。

記事を読む

若年者の貧困は親の責任でもある

■ 若者の貧困は親の育て方が悪かったせい 若者の貧困が問題になっており、 ニュース等でも大きく報

記事を読む

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子の生活実態とは ほとんど役に立たない人間たちが被災地に駆け

記事を読む

ネットカフェ難民の行く末

ネットカフェ難民という言葉が世に知れ渡ってから数年経ったと思います。この言葉は、ドキュメンタリー番組

記事を読む

貧困女子と過重労働の二択なら

貧困女子と過重労働はどちらが苦しいのか 大手広告代理店の新入社員女性が自ら命を絶ちました。 普通

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑