*

子どもの貧困は将来に影響する

公開日: : 最終更新日:2016/03/30 コラム

■ 子どもの貧困率

貧困率とは、世帯所得から国民一人ひとりの所得を試算し、
中間に該当する人の所得の半分にも満たない人の割合のことです。

子どもの貧困率というのは、18歳未満の人間の貧困率のことです。
現在、6人に1人の子どもたちが貧困であるという
調査結果があります。

大人は好きで貧困になっている人もいますし、
ある意味、自己責任の一面があります。
しかし、子どもたちは社会にでていないわけですから、
貧しい暮らしをするか否かは親の財力にかかっています。

子を持つ親は、裕福な環境で子を育てる必要はないものの、
義務教育以上の必要十分な知育、豊かな心を育む教育を
確実にするべきです。
もし、自信がないのであれば、子を産むべきではないと
考えます。

■ 母子家庭の貧困率は顕著

母子家庭で育った子どもの貧困率は顕著に表れています。
子を産んだときは、夫婦仲も良かったし、
十分な教育をする自信があったのかもしれない。
しかし、何らかの事情により離婚してシングルマザーとなる。

今更、「子を産むべきではなかったのでは」と言っても
遅いし、そんなことを考えること自体わが子に失礼です。

母子家庭になってしまったのなら、腹をくくって
子どもの教育に尽力するべきだと思います。

ところが、シングルマザーの中には、ロクに働かないで、
生活保護に頼る女性が多いです。
子どもの教育が最優先なので、どうしても働けないのなら、
それも選択肢のひとつでしょう。
ただ、理解に苦しむのは、生活保護を受けておきながら、
高額なスマホ利用料を払っていたり、エステに通っている
女がいることです。

そんなことやっている暇があるのなら、働けと言いたくなります。

■ 貧困世帯で育った子どもの行く末

貧困は連鎖するとよく言われます。

貧困世帯で育った子どもは十分な学力が身についておらず、
大人になっても社会で生き抜く力が不足している場合が多いです。

しかし問題なのは学力だけではありません。
ずっと低所得の親を見て育ったため、精一杯働くという
強い意志や高い志がない子が多いのです。

そのため、メンタル面でももろく、障害があるとすぐに
諦めてしまいます。
そして、職を転々とし低所得となる。
さらにはうつ病などを発症するなどして、
立ち直ることが困難な人生となってしまう。

そうならないためにも、子どもの学費を捻出できない親は
せめて、

「お前ならやればできる。」

と子どもに自信をつけさせるくらいのことはしてほしいと思います。

それが、子どもの貧困を少なくするために必要な教育となります。

関連記事

読者モデルの貧困生活

読者モデルは職業ではない 読者モデルをしている33歳の女子は、 本物のモデルを目指して奮闘中。

記事を読む

もし新入社員が貧困女子だったら

貧困女子だという新入社員 最近、女友達のひとりが、 「今年も面白い子が入社してきたよ」

記事を読む

貧困女子の仕事

貧困女子の間違った仕事選び 貧困女子に多い職業のひとつとして、「介護職」があります。 介護の仕事

記事を読む

キャリアウーマンだった女がなぜ貧困女子になったのか

キャリアウーマンだった女が一転して貧困女子になってしまった理由 有名女子大学を卒業し、大手IT企業

記事を読む

介護職を選ぶ女子は貧困になる可能性が高い

介護職に就く女子は貧困になりやすい 少子高齢化の時代に突入し、介護現場の人手不足が問題と なって

記事を読む

リア友がいない女子は男性にモテない

リア友がいない女子の寂しい生活 リア友とは現実社会の友達のことです。 ネット上のバーチャルな世界

記事を読む

自己破産した女の結婚は難しいだろうか

自己破産した女が結婚を望んでも難しい現実 自己破産した知人の話です。 彼女は昔から幸うすい感じが

記事を読む

高学歴な女子が貧困に陥る3つの行動

高学歴女子なのに貧困生活をしている人に見られる行動パターン 高学歴女子ならば一人でも生きていける高

記事を読む

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている派遣社員の 絵美さん(25歳

記事を読む

貧困女子の賃貸アパート

貧困女子の家賃相場 貧困女子の住む家は、安アパートであることが多いです。 お金がないのだから、当

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑