*

貧困女子 40代負け組世代

公開日: : 最終更新日:2016/04/05 コラム

貧困女子 40代負け組

40代の貧困女子は、世間からは

「かわいそうな女」

という冷たい目で見られます。

現在40代の世代の女性は、今の若い女性に比べて、
人からどのように思われているかを気にする世代です。
簡単に言えば、見栄っ張りということです。

高学歴、高所得、高身長の3高の男を好んでいた
彼女たちは、スペック重視で男を選ぶ傾向があり、
ひとつでも欠ける男と付き合えば、
他の女性からバカにされると考えるのです。

その結果、負け組には寂しい老後が待っているのです。

高望みをする40代

高望みする40代は、寂しい人生だと思っていても、
低スペックの男と結婚した女性を見ると、

「よくあんな男と結婚したわよねぇ」

などと言います。
40代の独身女が数人集まれば、他人の結婚をバカにする話で
盛り上がります。

まだ望みを捨てていない強い女と思いきや、
実は寂しくて仕方がない面倒な人たちなのです。

寂しさゆえに、人の幸せに嫌みのひとつも
言いたくなるのでしょう。

40代となり顔もスタイルもおばさん化し、
出産をするもの限りなく不可能に近い年代であり、
自分自身が低スペックなのだから、
もっと妥協して彼氏を選ぶべきなのです。

ところが、ずっと上から目線で男を見てきた癖が抜けず、
女の幸せを掴むことができないのです。

負け組と勝ち組

今の若い女性は、負け組とか勝ち組とか
こだわらない人が多いです。

40代はそれにこだわる時代の人たちで、
運よく勝ち組になった人は、
都心の一等地に住み、高級外車に乗り、
子どもは私立の小学校に通わせていたりします。

中には外見だけは勝ち組で、その生活を維持するのに
必死になっている人もいますが。

そして、負け組は結婚できないままおばさんとなり、
暇さえあれば愚痴を言っています。
自分自身にお金を稼ぐ能力が低い人も多いです。

貧乏にもかかわらず、高額な化粧品を買い、
エステに行っていたりもします。
エステ通いは、美しさを維持するためでもあり、
エステに行っているというセレブ感を自慢するためでもあります。

どう見ても、
「かわいそうな女」
であり、まさに負け組なのです。

関連記事

貧困女子の連鎖

貧困女子は連鎖するもの 自分の母親も貧困女子だったというケースが多く存在します。 親が貧困ゆえに

記事を読む

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。 そんな夢を叶えてくれるの

記事を読む

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。 最近、ネットニュース等で話題

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない人が稀にいます。 一生懸命に

記事を読む

自己破産した女の結婚は難しいだろうか

自己破産した女が結婚を望んでも難しい現実 自己破産した知人の話です。 彼女は昔から幸うすい感じが

記事を読む

「おひとりさま」を覚悟した女

「おひとりさま」という人生 先日、テレビの特集で「おひとりさま」の生活を 取材していました。

記事を読む

ディズニーまた値上げ! 貧困女子には行けない夢の国

■ ディズニー毎年恒例の値上げ 3年連続でディズニーランド、ディズニーシーの入園料が 値上がりし

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

幼少期のトラウマが原因で普通の生活ができない女

幼少期のトラウマが原因 幼少期のトラウマが原因で、普通の生活ができない女性がいます。 20代

記事を読む

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話です。 彼女の生活は収入面

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑