*

独身と既婚はどちらが幸せか

公開日: : 最終更新日:2016/04/08 コラム ,

独身女は既婚者を幸せだと思っている

特に40代独身の貧困女子に多いのですが、
既婚者は女の幸せを手に入れた成功者であると言います。

40代にもなって、結婚したくてもできない女からすれば
そう思っても仕方がないことかもしれませんが、
既婚者には新たなるステージでの悩みというものがあります。

しかし、実は独身の人も、人それぞれの悩みがあり、
既婚者だからといって幸せとか限らないということは
理解しているはずです。

その証拠に、

「こんなに自由の時間がなくなる結婚なら、独身のほうがマシ」

などと負け惜しみを言ったりします。

自分は独身だけど、既婚者のような面倒な人生を歩んでないから
幸せなのよ。

そう自分に言い聞かせるように。

幸せになれる女となれない女

幸せになれる女となれない女の違いには、
いい男と結婚できたかどうかが大きく関係している
というのは確かだと思います。

長い人生、良き夫と寄り添っていけるかどうかは
幸せを感じるために大切なことだからです。

しかし、「いい男」の考え方は人それぞれです。
不倫してもいいから、とにかく高所得な男が好きな人もいれば、
所得なんて気にしないから、家族思いの男が好きな人もいます。
さらには、高学歴、高所得、高身長で家族思いの男性でないと
困るという人もいます。

男に求めるものは人それぞれなのだから、
自分が素敵だと思える男性と結婚できれば
幸せになる可能性は高いのです。

ところが、幸せになれない女は、人の目を気にします。

あの人の旦那のほうがカッコいい
あの子の彼氏は一流企業に勤めている

などと、いつも他の女性の彼氏や旦那と自分のパートナーを
比較しています。
そんな女性は、いくらいい男と結婚したとしても幸せにはなれません。
世の中、上には上がいるからです。

結局のところ、幸せになれる女となれない女の違いは
自分の意志を持っているかどうかなのです。

ないものねだり

人間はないものねだりする生き物です。

ないものねだりするからこそ、文明が進んだとも言えますが、
女の幸せという分野においては、ないものねだりは
良いものとは言えません。

独身と既婚はどちらが幸せかという問いに対しては、

どちらも幸せ

という答えが正しいと思われ、
自分が不幸だと思っている人は、
ないものねだりをしているに過ぎないのです。

関連記事

ネイルサロン経営者の貧困女子

事業経営者になってもやっぱり貧困女子 幼少期から続く貧しい暮らしから抜け出そうと 必死にもがく女

記事を読む

女性の多い職場でのトラブル

貧困女子の中では、勤め先を辞めたことがキッカケと いう人も多いです。 では、なぜ勤務先を辞めるこ

記事を読む

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをしても美人は許される。 今まで

記事を読む

男女の賃金格差を気にする女性たち

日本には男女の賃金格差が存在する 昔に比べ女性の労働環境が良くなった現代の日本でも 男女の賃金格

記事を読む

マイルドヤンキーという生き方

マイルドヤンキーという生き方は幸せだろうか 貧困女子を語るうえでマイルドヤンキーの生き方を知ること

記事を読む

産後クライシスになった貧困夫婦

■ 産後クライシスになると幸せな結婚生活ではなくなる 産後クライシスとは、出産後に夫婦仲が悪くなる

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代 と呼ばれる人たちの中に、 貧

記事を読む

「ぽっちゃり女」と「ガリガリ女」貧困率が高いのはどちらか

■ 貧困女子のスタイル 太り過ぎの女性と痩せすぎの女性、 どちらが貧困女子に多いのでしょうか。

記事を読む

介護職を選ぶ女子は貧困になる可能性が高い

介護職に就く女子は貧困になりやすい 少子高齢化の時代に突入し、介護現場の人手不足が問題と なって

記事を読む

ネットカフェ難民の行く末

ネットカフェ難民という言葉が世に知れ渡ってから数年経ったと思います。この言葉は、ドキュメンタリー番組

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑