*

もし新入社員が貧困女子だったら

公開日: : 最終更新日:2016/04/14 コラム ,

貧困女子だという新入社員

最近、女友達のひとりが、

「今年も面白い子が入社してきたよ」

と話題を提供してくれました。

女友達は34歳独身で、製紙会社で働いています。
その会社に短大卒で入社してきた美穂ちゃんという子が
少し変わっているのです。

先日、女友達と美穂ちゃんの3人で食事をしました。
先輩の誘いが断り切れずというわけではなく、
美穂ちゃん自身が私の友達を食事に誘ったのです。
そして、私が同席することも快諾してくれました。

彼女は若いのに人付き合いが良く、飲み会では3次会まで
付き合ってくれる今どき珍しい子らしいです。
スタイルもよく、顔は女優の吉岡里帆のような感じ。
かなりモテるだろうと思いましたが、一度も男性とお付き合いを
したことがないと言っていました。

彼女の何が面白いのかというと、
いつも返事がワンテンポ遅いのです。
特に返答に困る質問でなくても、なぜか人より反応が遅い。
本人曰く、昔からだそうです。

「よく入社できたね。」

というと、面接官にこのように言ったそうです。

「私は返答が人より遅いです。でもいつも真剣に受け答えしています。
どうか笑わないでください。」

これにより、面接官は大いにウケて、気に入られたそうです。

そして、品のある風格からは想像しにくいのですが、
今も昔も貧困女子なのだと言うのです。

実家もあまりお金がなく、短大の費用は奨学金を
借りて支払ったそうです。
さらに、男に騙されてお金を取られたようで、
そのときにつくった借金もまだ残っているそうです。

貯金ができない女

美穂ちゃんは浪費家というわけではありません。
身なりはキレイなのですが、高級ブランド品などは
ひとつも持っていないし、特にお金のかかる趣味が
あるわけでもありません。

それにも関わらず、今までもまともに貯金ができた
ためしがないのです。

予想ですが、彼女は人に話し掛けられたときの反応が遅いため、
知能遅れと勘違いされ、人から騙されやすいのだと思います。
しかも性格がとても純粋なため、悪い男に狙われても
信用してしまうのです。

美人でも幸せとは限らない

美穂ちゃんの初任給は、例年通りだと16万円くらいだそうです。
実家暮らしなので、普通に生活ができる金額だと思いますが、
これ以上の借金を重ねると、本人の言う通り、
貧困女子からは抜け出せないでしょう。

しかし、つくづく思いました。
女は美人でも幸せとは限らないと。

関連記事

ボランティア女子の意味不明な活動

■ ボランティアが好きな女性 少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。 その女性

記事を読む

ホームレス貧困女子の厳しい生活

ホームレス貧困女子は身近に存在する ホームレスと言えば年配の男性を想像しますが、 ごく稀に若い女

記事を読む

スマップを追い続けた貧困女子

スマップを追い続けたために貧困女子になった スマップの大ファンである38歳の独身女性の現在を お

記事を読む

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子の生活実態とは ほとんど役に立たない人間たちが被災地に駆け

記事を読む

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

介護離職で失う普通の生活 キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、 介護離職により貧困

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代 と呼ばれる人たちの中に、 貧

記事を読む

貧困女子高生うららさんへのバッシングが止まらない

貧困女子高生うららにバッシングするネット住民 先月NHKの番組で報じられた貧困女子高生の「うららさ

記事を読む

貧困女子の結婚観

貧困女子は結婚できない? よくテレビのインタビューなどで、 「正社員じゃないし、お金もないので結

記事を読む

ゆとり世代の貧困女子には気力が感じられない

■ ゆとり世代の女性たち ゆとり世代の新人女性たちの教育をした人たちは 口をそろえてこう言います

記事を読む

下流老人は男性ばかりではない

■ 下流老人と言えば 最近よく耳にするようになった 下流老人 という言葉。 生活

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑