*

「おひとりさま」を覚悟した女

公開日: : 最終更新日:2016/04/20 コラム

「おひとりさま」という人生

先日、テレビの特集で「おひとりさま」の生活を
取材していました。

主に女性なのですが、結婚適齢期を過ぎても
彼氏ができず、結婚は諦めている人たちの生活です。

彼女たちは基本的に一人でいることが多く、
焼肉を食べに行くにも一人で行きます。
また、女性のひとり客にも対応した焼肉店も存在します。

若いうちは女友達と食事をすることもあったのですが、
みな結婚してしまい、なかなか一緒に食事をすることが
できなくなりました。

職場の同僚女性たちもいるのですが、独身なのは若い子たち
ばかりだし、同年代以上の人は子供がいる人たちなので、
仕事が終わるとすぐに帰ってしまうのです。

両親が近くに住んでいないとなると、誰も誘うことが
できません。

取材を受けていた35歳の女性は、「おひとりさま」生活には
もう慣れたと言っていました。
今では、食事もカラオケもお風呂屋さんもひとりで出かけるそうです。
今年は久しぶりにスキーをしたくなりましたが、
誰も行ってくれる人がいないため、ひとりで行ったそうです。

婚活しても彼氏ができない

知り合いの37歳の女性にも「おひとりさま」がいます。
彼女もまた、結婚は諦めたと言っています。

まだ37歳なんだし、何も諦めなくてもよいのでは
と言ったところ、このように話していました。

「もう結婚しなきゃって思うことに疲れた。
出産だって難しい年齢になってきたし、普通の男と
付き合うのさえ難しい。かといって子持ちや再婚の
男性と付き合う気はない。」

彼女はごく普通の女性です。
特に太っているわけでもなく、容姿だって美人ではないものの
ブサイクではありません。

本人曰く、そんなに男性に対し、それほど高望みを
しているわけではないそうです。

ところがもう10年も彼氏がいないのです。
もしかすると、心のどこかでは高望みをしている
のかもしれません。

親孝行できない悲しさ

「おひとりさま」の女性たちはひとりでいることに
慣れたという人が多いです。
ひとりでも前向きに楽しい人生を歩んでいくと言います。

でも本心ではないような気がします。
単なる強がりなのだと思います。

その証拠に、未練タラタラというか、後悔している感じが
会話の中からにじみ出てきます。

特に親に孫を見せられなかったことに関して、
一番悔やんでいるようです。

女性は特にですが、自分の子を親に見せることが
最高の親孝行だと考えているからです。

まだ30代の女性なら、諦めないでチャレンジするべきですね。

関連記事

子どもの貧困は将来に影響する

■ 子どもの貧困率 貧困率とは、世帯所得から国民一人ひとりの所得を試算し、 中間に該当する人の所

記事を読む

高学歴な女子が貧困に陥る3つの行動

高学歴女子なのに貧困生活をしている人に見られる行動パターン 高学歴女子ならば一人でも生きていける高

記事を読む

酷い生理痛が原因で働けない女性

生理痛が酷いので働けません 女性なら誰もが経験する生理痛。 酷い痛みに耐え切れず、仕事、恋愛、そ

記事を読む

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをしても美人は許される。 今まで

記事を読む

ネットカフェ難民の行く末

ネットカフェ難民という言葉が世に知れ渡ってから数年経ったと思います。この言葉は、ドキュメンタリー番組

記事を読む

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家事もすべて 一人でこなさなけ

記事を読む

高学歴の貧困女子たち

一般的に、貧困女子は低学歴なのですが、年々高学歴化しています。大学卒業後に就職したとしても、会社を辞

記事を読む

産後クライシスになった貧困夫婦

■ 産後クライシスになると幸せな結婚生活ではなくなる 産後クライシスとは、出産後に夫婦仲が悪くなる

記事を読む

アラフォー貧困女子の実態

アラフォーで貧困女子になる理由 貧困女子は若い世代ばかりではない。 アラフォーにも生活困窮者がい

記事を読む

モラスハラスメントで生活苦

高橋ジョージさん、三船美佳さん夫妻の離婚裁判が報じられて以来、一躍有名になった「モラルハラスメント」

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑