*

ホームレス貧困女子の厳しい生活

公開日: : 最終更新日:2016/04/23 コラム

ホームレス貧困女子は身近に存在する

ホームレスと言えば年配の男性を想像しますが、
ごく稀に若い女性もいます。
その数は年々増加しているようです。

まさかとは思いましたが、身近にもいました。
中学の同級生の女の子です。
彼女は母子家庭で育ち、高校卒業後に地元の
食品加工会社に就職しました。

その後、あまり会っていなかったのですが、
共通の友達経由で数年前に再開しました。

母親は彼女が26歳の時に亡くなったそうです。
女手ひとつで子を育て、仕事と育児、家事とずっと
無理をしてきたから、寿命が縮まったのだと
彼女は言っていました。

身内がいなくなってしまった彼女は、
働く気が起きなくなり、会社を退職しました。
しかし、ゆっくりと引きこもっているわけにも
いかなくなります。

母親と一緒に住んでいた2LDKのアパートの
家賃が払えなくなったのです。
そして、ホームレスになりました。

貧乏生活から抜け出せない

彼女を見ると、外見からはホームレスには見えません。
もちろん、品のある服装はしていませんが、
普通にいるカジュアルな女性という感じです。

主な寝床はネットカフェです。
そのお金もないときは、深夜営業のファストフード店で
一夜を明かします。
友達の家に泊めてもらうこともときどきあります。

彼女の収入源は日雇いのアルバイトです。
集合場所に行くと、日雇い労働者が列を作ってバスに乗り込み、
1~2日程度の軽作業をこなし、作業後に賃金がもらえる
仕組みです。

正社員にならずとも、派遣社員とか契約社員でもいいから
普通に働くことを勧めたのですが、
住む家のない女を雇ってくれるところがないと言います。

確かに住所不定の女なんて雇いたいとは思わないでしょう。
しかし、アパート暮らしを始めるにしても、定収入がないと
借りられないだろうし、もうどうにもなりません。

もう貧困女子から立ち直ることはできないし、
諦めたと話していました。

精神的に病んでいる

普通の女性であれば、家なし職なしまで落ちぶれても
自力で立ち直ることができると思います。
生活保護という政府の援助だってあるわけですし。

しかし、彼女は精神的に病んでいる感じがするのです。
どこか落ち着きがないし、すぐに泣いたり暗い表情をしたり
します。

当然のごとく、病院に行くお金なんてありません。
そもそも保険証を持っていません。

行くかどうかわかりませんが、
生活困窮者が行く支援センターの場所を教えてあげました。
一般の人間では、彼女を助けることはできないからです。

関連記事

男に好かれる貧困女子

貧困女子でも男に好かれるなら問題なし? 貧困女子と言えば、お金もなく孤独に暮らしている 印象があ

記事を読む

貧困女子の賃貸アパート

貧困女子の家賃相場 貧困女子の住む家は、安アパートであることが多いです。 お金がないのだから、当

記事を読む

保育士 仕事はキツイし給料は安いしやってられない

■ 保育士を希望する女たち 保育士の給料は比較的安く、そのうえ仕事はハードであると テレビ等のメ

記事を読む

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

貧困女子の彼氏たち

付き合っている女性が貧困女子だったという男性たち数人に 話を聞きました。貧困女子は、「でもね」とか

記事を読む

もし新入社員が貧困女子だったら

貧困女子だという新入社員 最近、女友達のひとりが、 「今年も面白い子が入社してきたよ」

記事を読む

貧困女子大生の目指す道

貧困生活を送る女子大生 夢の実現のため、自らが働いて学費を捻出している 女子大生がいます。 仕

記事を読む

男運がない女の共通点

「私、男運がないのよねぇ」が口癖の女たち 「私、男運がないのよねぇ」とよく言う女子がいます。 そ

記事を読む

10代で妊娠した貧困女子

10代で妊娠すると貧困女子になるのか 10代で妊娠する女性の多くは、低学歴の人です。 女性に

記事を読む

ワーキングプアから抜け出せない30代女性たち

ワーキングプアに苦しむ30代女性 働いているのに生活が楽にならないワーキングプア。 その多くは3

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑