*

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子

公開日: : 最終更新日:2016/05/05 コラム

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子の生活実態とは

ほとんど役に立たない人間たちが被災地に駆けつけます。
彼らのことを「モンスターボランティア」と呼びます。
困っている人を助けたいと思う気持ちは素晴らしいのですが。

モンスターボランティアとは

モンスターボランティアとは、被災地に行き困っている人を
助けるはずが、ほとんど何もせず、被災者の感情を逆なでする
だけの役立たずのことです。

彼らのほとんどは定職についておらず、その行動は貧乏人の道楽
と言っても過言ではありません。

現在、熊本地震の被災者たちは家を追われ、避難場所に身を寄せて
生活しています。あるいは、車中生活をする人たちも多くいます。
そんな中、ボランティアの受付が始まると、受付会場には
希望者の列ができました。
その一部にモンスターは紛れているのです。

「こんなところで生活しているとイヤになりますよね。」

この言葉を避難所にいるおばあちゃんに何度も言い続けた
20代の女性がいます。

「もうわかったから仕事して」

日に何度も言われ続けたおばあちゃんは、少し怒った口調で
言い返しました。

言われた女性はモンスターボランティアです。
彼女のお願いされた仕事は、避難所の炊き出しです。
ところが、調理の途中でいつもいなくなり、
いつのまにか、避難所生活者と一緒に配給された食べ物を
食べながらおしゃべりをしているのです。

熊本地震の二次災害

東日本大震災のときもそうでしたが、二次災害は外部から来た
人間たちによるものです。
熊本も徐々にそうなりつつあります。

ボランティアを装った火事場泥棒、支給されるおにぎり等の食料を
貪り食う人、与えられた仕事を全うせず、フラフラしているだけの人。
彼らは役に立つどころか、いなくなってほしい存在です。

ところが、時間を持て余している彼らは、被災地に居続けます。
家にいても食費に困るような働きっぷりなのだから、
避難場所でおこぼれをもらっているほうが幸せなのでしょう。

奉仕の精神が素晴らしい貧困女子

貧困女子の中には、多くのモンスターボランティアがいます。
彼女たちのほとんどが、気の弱そうな表情をしており、
ひとりで被災地に来るようには見えないのですが、
「困っている人の役に立ちたい」という言葉が好きで、
アルバイトをドタキャンしてでもボランティアをやろうとします。

考え方は素晴らしいのですが、ただの自己満足なのです。
無償の奉仕をしている自分に酔っているだけなのです。

そして、いざ仕事が割り振られると、文句ばかり言って
ほとんど仕事をしない最悪な女たちなのです。

関連記事

貧困女子の仕事

貧困女子の間違った仕事選び 貧困女子に多い職業のひとつとして、「介護職」があります。 介護の仕事

記事を読む

介護職を選ぶ女子は貧困になる可能性が高い

介護職に就く女子は貧困になりやすい 少子高齢化の時代に突入し、介護現場の人手不足が問題と なって

記事を読む

独身と既婚はどちらが幸せか

独身女は既婚者を幸せだと思っている 特に40代独身の貧困女子に多いのですが、 既婚者は女の幸せを

記事を読む

意識高い系女子は結婚まで至らない

意識高い系女子には結婚に至らない理由がある 意識が高いというのは、本来よい意味なのですが、 最近

記事を読む

貧困女子の賃貸アパート

貧困女子の家賃相場 貧困女子の住む家は、安アパートであることが多いです。 お金がないのだから、当

記事を読む

結婚願望が強すぎる女性

結婚願望が強い女 ある機関の調査結果によると、新社会人の女性の4人中3人が 結婚願望を持っている

記事を読む

モラスハラスメントで生活苦

高橋ジョージさん、三船美佳さん夫妻の離婚裁判が報じられて以来、一躍有名になった「モラルハラスメント」

記事を読む

ピーターパン症候群な貧困女子

ピーターパン症候群が原因で普通に暮らせない貧困女子 あまり知らせていませんが、ピーターパン症候群の

記事を読む

保育士 仕事はキツイし給料は安いしやってられない

■ 保育士を希望する女たち 保育士の給料は比較的安く、そのうえ仕事はハードであると テレビ等のメ

記事を読む

貧困女子のための貯金術

彼女たちが貧困になった理由 そもそも貧困女子たちはなぜ貧乏生活をしているのか。 答えは単純で、収

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑