*

リア充になる方法がわからない女子

公開日: : コラム ,

リア充になる方法を知らないために不幸感漂う女子

リア充になる方法を知らないために、いつもつまらなそうな
顔をしている女子がいます。
現実社会で楽しい日々を送っている人には信じられないことですが、
非現実社会でしか会話ができなくなった人もいます。

リア充とは

リア充とはリアル=現実で楽しく生活しており、
充実している様を意味します。

近年では、非リア充な女子が急増しています。

普通に生活をしている人からすると、

「楽しいことや充実感があるときもあるし、そうでないときも
あるのだから、常に楽しい生活を求めるのは贅沢だ。」

と言いたくなるかもしれません。

しかし、リア充でない人からすると、常に悲壮感があり、
冷静に自己分析できない状態にあるので、
いつも「自分はつまらない人間だ」と思ってしまうようです。

リア充になれない女子

リア充ではない女子は貧困であることが多いです。

非正規雇用で働く人も多く、所得が安定しません。
たとえ正社員であっても月収15万円程度しか稼いでおらず、
貧困生活をしています。

実生活が楽しく感じないのは性格による部分もありますが、
お金がないゆえに、洋服を買ったり、美容院に行ったりする
ことができず、その結果オシャレではない自分を恥じて
友達と会うことをためらってしまうという人もいます。

そして、自分の意見を言ったり、人と会話をするのは
もっぱらネット上でのやりとりになってしまうのです。

ずっとオンラインでの交流のみをして、それに慣れてしまうと、
現実社会での人との付き合いが億劫になっていまい、
リア充から遠のくという悪循環にハマります。

以下のような人は自身の性格や生活を改めるべきです。

・職場以外でほとんど会話をしない
・休日は1回も外にでないことが多い
・彼氏を作ることを諦めている
・オシャレに無頓着
・1日くらいお風呂に入らなくても気にならない

インターネットも楽しいですが、世の中にはまだまだ楽しい
ことがたくさんあることを知らないと、
先の長い将来、つまらないことだらけになってしまいます。

女子がリア充になったときの弊害

知り合いに派遣社員だった女子がいます。
彼女は給料も少なく、人生がつまらないと感じていましたが、
正社員になったことがキッカケでリア充になりました。

仕事は土日祝日が休みでほとんど残業がないにも関わらず、
月収26万円、ボーナスも20万円が2回もらえます。

オシャレに目覚めたことで、交友関係も広がり、
遊びにいく機会も増えました。
さらに、英会話やスキューバーダイビングなど、
習い事や趣味も増え、仕事とプライベートともに
充実した日々となりました。

ところが弊害もあるようです。

職場の男性から交際を申し込まれているのですが、
なかなか付き合う気になれないのです。

彼は悪くない人だし、昔なら彼氏が欲しくてたまらなかった
のですが、今は友達と遊んだり、海に行ってダイビングを
することが忙しいので、彼氏をつくる暇がないのです。

リア充になることはよいことなのですが、
異性との付き合いも大切にしないと、年を取ったときに
つまらない人生に逆戻りする可能性もあります。

彼氏、女友達、趣味、仕事、それぞれバランスのとれた
取り組み方をすることが大切です。

関連記事

男ウケしない30代の婚活女子

男ウケしない30代の婚活女子には共通点がある 30代女性の多くはそろそろ結婚しなければと考えていま

記事を読む

もし新入社員が貧困女子だったら

貧困女子だという新入社員 最近、女友達のひとりが、 「今年も面白い子が入社してきたよ」

記事を読む

貧困女子の彼氏たち

付き合っている女性が貧困女子だったという男性たち数人に 話を聞きました。貧困女子は、「でもね」とか

記事を読む

貧困女子の賃貸アパート

貧困女子の家賃相場 貧困女子の住む家は、安アパートであることが多いです。 お金がないのだから、当

記事を読む

リア友がいない女子は男性にモテない

リア友がいない女子の寂しい生活 リア友とは現実社会の友達のことです。 ネット上のバーチャルな世界

記事を読む

ぼっち充で結婚なんてする気がない女性の幸福感

ぼっち充の現状に満足している女たち ぼっち充の人が増えています。 男性の場合、仕事以外では会話が

記事を読む

モラスハラスメントで生活苦

高橋ジョージさん、三船美佳さん夫妻の離婚裁判が報じられて以来、一躍有名になった「モラルハラスメント」

記事を読む

貧困女子と過重労働の二択なら

貧困女子と過重労働はどちらが苦しいのか 大手広告代理店の新入社員女性が自ら命を絶ちました。 普通

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしをするために 手っ取り早い手段

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑