*

ぼっち充で結婚なんてする気がない女性の幸福感

公開日: : コラム

ぼっち充の現状に満足している女たち

ぼっち充の人が増えています。
男性の場合、仕事以外では会話がなく、ひとりで趣味に没頭
している人が昔からいましたが、最近では女性にもその傾向が
見られるようになりました。

ぼっち充とは

ぼっち充とは、ひとりでの生活が充実していることです。

ぼっち充の人は、他人と一緒に何かをするよりも、
ひとりで行動していたほうが楽と考えているようです。

映画館にひとりで行くのは当たり前で、焼肉店に行くとか
バイキングの店に行くなど、本来なら複数人で楽しむところでも
ひとりで行きます。

それでも特に寂しいとは思いません。
むしろ人と一緒に行動するほうが億劫だと考えるようなのです。

他人と行動する場合、予定を合わせたり、待ち合わせしたりする
必要があります。
ぼっち充の人からすると、それが面倒なようです。

ひとりなら予定を合わせる必要などありませんし、
そのときの気分で行きたいところに行けます。
食事の際も相手に合わせることなく、食べたいものを
食べることができます。
待ち合わせによる時間ロスもありませんし、約束の時間に
間に合わせようと慌てて準備をする必要もありません。

この考え方は非常に合理的だし、誰に迷惑を掛けないし、
何も間違いではないのです。
ただ、ぼっち充の人の特徴として、協調性に欠けるところが
あります。

ぼっち充の女は貧困女子の可能性が高い

ぼっち充の女性は働くことが好きではない傾向があります。
他人と話すことも好きではなく、接客や営業の仕事は
不向きです。
そのため、もくもくとひとりで作業するような仕事を好みます。
工場の流れ作業現場や文章チェックの仕事などが
合っています。

悪い言い方をすればコミュニケーション能力が低いので、
仕事の生産性も低くなり、高収入は得られません。
そのうえ、趣味や旅行などもひとりで行くため、
複数人で同じことをするよりも割高になります。

よって貧困女子になる可能性が高いのです。

彼女たちは結婚にも積極的ではありません。
ひとりが楽であるがゆえに、男性と一緒に暮らすことなど
考えられないのでしょう。
ましてや子供のいる生活なんて想像もできないと思います。

女の幸福感とは

知り合いにぼっち充の女性がいるのですが、
彼女はWeb制作会社で働いていました。
基本的はプログラミングの仕事なのですが、
打ち合わせで人と話をすることも少なくありませんでした。
また、早く帰りたい日に残業せざるを得ない状況になることも
しばしばです。

会社員にとってはごく当たり前のことなのですが、
彼女にとっては耐え難いことであり、
入社2年目で退職しました。

それ以降、彼女は自宅でホームページ作成の仕事をしています。
今は様々な仕事をネット上で受注することができ、
安心してお金が支払われるしくみがあります。

彼女は個人事業主として働き、必要な分だけ稼いでいるのです。
そして空いた時間に趣味の旅行を楽しんでいます。

生き方の選択は人それぞれだし、悪くはないと思います。
ただ、彼女のような人が増えると、日本はますます少子化に
なるでしょう。

関連記事

上村遼太さん殺害事件について

川崎市の多摩川河川敷で、中学1年の上村遼太さんが殺害された事件が話題になっています。18歳の主犯格の

記事を読む

もし新入社員が貧困女子だったら

貧困女子だという新入社員 最近、女友達のひとりが、 「今年も面白い子が入社してきたよ」

記事を読む

貧困女子を非難する声

貧困女子はなりたいと誰しもが思っているはずです。 何とかしようと思っているけど、抜け出せない。

記事を読む

貧困女子の仕事

貧困女子の間違った仕事選び 貧困女子に多い職業のひとつとして、「介護職」があります。 介護の仕事

記事を読む

高校2年生で自分は貧困女子になると自覚した子

■ 高校2年で人生を諦めている子 高校2年生といえば、これからの将来が楽しみな年頃です。 しかし

記事を読む

リア友がいない女子は男性にモテない

リア友がいない女子の寂しい生活 リア友とは現実社会の友達のことです。 ネット上のバーチャルな世界

記事を読む

貧困女子の結婚観

貧困女子は結婚できない? よくテレビのインタビューなどで、 「正社員じゃないし、お金もないので結

記事を読む

リア充になる方法がわからない女子

リア充になる方法を知らないために不幸感漂う女子 リア充になる方法を知らないために、いつもつまらなそ

記事を読む

貧困女子の連鎖

貧困女子は連鎖するもの 自分の母親も貧困女子だったというケースが多く存在します。 親が貧困ゆえに

記事を読む

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。 ケアハ

記事を読む

10代で妊娠した貧困女子

10代で妊娠すると貧困女子になるのか 10代で妊娠する女性の多くは、

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

→もっと見る

PAGE TOP ↑