*

貧困女子の連鎖

公開日: : コラム

貧困女子は連鎖するもの

自分の母親も貧困女子だったというケースが多く存在します。
親が貧困ゆえに十分な教育を受けることができず、
ごく普通の生活をするためのお金さえも稼ぐことが
できなくなるのです。

貧困女子は親の代から連鎖する

母子家庭で育った女性は、離婚しやすいというデータが
あるようです。
家事や育児が満足にできず、旦那さんに見放されたため
なのか、義理のお母さんに愛想をつかされてしまったのかは
わかりませんが、とにかく教養不十分だったということです。

まだ結婚できただけマシかもしれません。
たとえ彼氏ができたとしても、

「結婚するならお前じゃない」

と言われるような女性もいるのです。

そして、結局は独身のまま年を取り、
大してお金も稼げない状況が続き、
貧困女子となっていくのです。

結婚できないのは母親の責任

結婚したいのに良いご縁がないと嘆いている女性がいます。
その女性は栃木県出身の27歳で、顔もスタイルもごく普通の
いつ結婚してもおかしくなさそうな感じの人です。

彼女は小学2年生のときに両親が離婚し、
それ以来ずっと母と2人暮らしをしています。

仕事は派遣社員で事務をやっています。
月の手取りは16万円ほどです。

数年前まで母親も正社員で働いていましたが、
今は体調が優れないため、内職をしています。
内職の収入は月に3万円しかありません。

親子の生活は娘が支えているのです。
生活はギリギリ暮らしていけるという感じで、
いつ破綻してもおかしくない状況です。

彼女には今現在、人生で4人目となる彼氏がいます。
この彼とは付き合って1年が経ちます。

結婚願望もあり、そろそろ彼からのプロポーズを期待して
いるのですが、一向にその気配がありません。

そして、ついに逆プロポーズをしました。

その答えが、

「結婚するならお前じゃない」

だったのです。

一度彼の実家に遊びに行ったことがあるのですが、
そのときにまともな挨拶もできなかったようです。
さらに女性らしい気配りも苦手。

結婚するにはふさわしくない女性だと判断されてしまったのです。

親子で共倒れ

おそらく彼女は結婚には向かない女性です。
見た目は悪くなくても、付き合いを重ねていけば、
男性には見抜かれてしまいます。

この先、母親の面倒も見なければならないので、
今の仕事だけはしっかりと続けるべきだと思います。

関連記事

「ノンママ」になりたかったわけじゃない

ノンママ否定はやめてほしい 出産しないという選択をした女性のことを「ノンママ」と 言います。

記事を読む

貧困女子をねらった資格ビジネス

貧困女子を食い物にする資格ビジネス詐欺が横行しています。 英会話、パソコン系の資格、花嫁修業系の資

記事を読む

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。 最近、ネットニュース等で話題

記事を読む

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。 ケアハ

記事を読む

子どもの貧困は将来に影響する

■ 子どもの貧困率 貧困率とは、世帯所得から国民一人ひとりの所得を試算し、 中間に該当する人の所

記事を読む

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子の生活実態とは ほとんど役に立たない人間たちが被災地に駆け

記事を読む

働かない貧困女子

働かない貧困女子のゆるい生活 明るい性格の貧困女子が埼玉県に暮らしています。 彼女は33歳独身で

記事を読む

ぼっち充で結婚なんてする気がない女性の幸福感

ぼっち充の現状に満足している女たち ぼっち充の人が増えています。 男性の場合、仕事以外では会話が

記事を読む

産後クライシスになった貧困夫婦

■ 産後クライシスになると幸せな結婚生活ではなくなる 産後クライシスとは、出産後に夫婦仲が悪くなる

記事を読む

貧困女子を非難する声

貧困女子はなりたいと誰しもが思っているはずです。 何とかしようと思っているけど、抜け出せない。

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑