*

貧困女子大生の目指す道

公開日: : コラム ,

貧困生活を送る女子大生

夢の実現のため、自らが働いて学費を捻出している
女子大生がいます。
仕方がないのかもしれませんが、彼女の生活は貧困です。
しかし、その生活から脱する兆しがあるようです。

大学に行く理由

都内の薬科大学に通うS美さん(21歳)は、
母子家庭で育ちました。

母親が女手ひとつで必死に育ててくれ、
今でもとても感謝しています。
親子の仲もよく、今でも一緒に生活をしています。

しかし、近所に住む同級生の母親と比較し、
自分の母親は効率的に働いていないと思うことがありました。

S美さんが小学生の頃、同級生の母親も自分の母親も
パート勤務でした。
同級生の母親は薬剤師をしており、最近知ったのですが、
時給2300円で働いていました。
それに対し自分の母親は時給880円でした。

同じ1時間なのに稼げるお金に差がありすぎる。

そう思ったS美さんは薬剤師になりたいと思うように
なったのです。

将来の夢

しかし、S美さんの将来の夢は、キャリアウーマンでは
ありません。
結婚して兼業主婦になり、旦那と子供たちに囲まれた
幸せな生活を送ることです。

但し、パート勤めするなら効率的に働きたいという
思いがあるので、薬剤師になって1日5~6時間くらい
働きたいと考えているのです。

夢の実現のため、薬科大学に入学しましたが、
6年間にかかる学費は決して安いものではありません。
その学費を母から全額出してもらえないことも知っているので、
自分でアルバイトをしながら苦学しているのです。

アルバイトは自宅近くのファミレスのウェイトレスと
宅配業社の荷物の仕分け作業を掛け持ちしています。
月の手取りは2ヶ所合わせて10万円ほどです。

月10万円稼いでも、そのほとんどが学費に消えてしまい、
生活は貧困状態です。

そんなとき、アルバイト先の同い年の女の子に
言われました。

「S美だったら可愛いから、もっと効率的に稼ぐ方法があるよ。」

その仕事は水商売でした。
そんな仕事はしたくないと思っていましたが、
「効率的」という言葉に魅力を感じてしまいました。

高時給の仕事

すぐに水商売系の求人を見てみると、
時給3000円以上の応募がゴロゴロありました。

これなら短時間で30万円以上稼ぐことも夢ではない。
学生時代だけやってみるのも悪いことではない。
薬剤師になって幸せな結婚生活を送るための試練だ。

そう思いながらも、そのような仕事をしていることは
母親には言えないとも考えていました。

今、彼女は貧困から脱することができるのかの
分かれ道にいます。

関連記事

男女の賃金格差を気にする女性たち

日本には男女の賃金格差が存在する 昔に比べ女性の労働環境が良くなった現代の日本でも 男女の賃金格

記事を読む

貧困女子の連鎖

貧困女子は連鎖するもの 自分の母親も貧困女子だったというケースが多く存在します。 親が貧困ゆえに

記事を読む

貧困女子の就職活動

■ 就職活動のスケジュール変更 2016年3月1日、2017年入社の就職活動がスタートしました。

記事を読む

子どもの貧困は将来に影響する

■ 子どもの貧困率 貧困率とは、世帯所得から国民一人ひとりの所得を試算し、 中間に該当する人の所

記事を読む

上村遼太さん殺害事件について

川崎市の多摩川河川敷で、中学1年の上村遼太さんが殺害された事件が話題になっています。18歳の主犯格の

記事を読む

ネイルサロン経営者の貧困女子

事業経営者になってもやっぱり貧困女子 幼少期から続く貧しい暮らしから抜け出そうと 必死にもがく女

記事を読む

リア友がいない女子は男性にモテない

リア友がいない女子の寂しい生活 リア友とは現実社会の友達のことです。 ネット上のバーチャルな世界

記事を読む

20代の貧困女子 若くして底辺の生活を送る理由

■ 20代で貧困女子になった理由 一般的には、男性も女性も若いうちはお金をあまり持っていません。

記事を読む

貧困女子の貯金

貧困女子は貯金が苦手 貧困女子はお金を稼ぐ力が弱いうえに、貯金も苦手な人が多い。 非正規雇用が増

記事を読む

貧困女子のための貯金術

彼女たちが貧困になった理由 そもそも貧困女子たちはなぜ貧乏生活をしているのか。 答えは単純で、収

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑