*

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

公開日: : コラム

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり

ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。
ケアハラスメントの略で、介護休業を取得する社員に
対する嫌がらせのことです。

会社からの嫌がらせにより、貧困生活を余儀なく
されている女性がいます。

ケアハラを受けた30代女性

さいたま市在住の33歳の独身女性は、
ケアハラを受け、退職を余儀なくされました。

彼女は5年前に父親を亡くし、現在は母親と2人暮らしを
しています。

仕事はOA機器の営業で、都内の職場まで電車で
1時間かけて通勤しています。
営業成績も良く、チームリーダーとして7人の部下の
面倒を見ているキャリアウーマンです。

昨年の年収は500万円で、特に問題なく
普通の暮らしをしていました。

しかし、3ヶ月前から母親が要介護状態となり、
すぐに介護施設を探しました。
ところが、施設に空きがなく、有給休暇を使いながら、
母の面倒を見ていたのです。

休む回数も多くなり、出社しても残業もできない状況で
業務に支障をきたすと判断し、
上司に介護休業の取得をお願いしました。

その数日後、役員から呼び出しがあり、
我孫子市にある支店への転勤を命じられました。
もし我孫子支店に通勤するとなると、
通勤時間は2時間半になります。

彼女はすぐに反論しました。

「母親の介護をしなければならない状態で、
我孫子までの通勤は現実的ではありません。
そもそも、介護休業を申し出た社員に対しての
不利益な扱いは違法だし、これはケアハラです。」

すると役員は介護の話は聞いていないと言いました。
彼女はすぐに介護休業を願い出た上司に相談すると、
忙しくてまだ誰にも話していないというのです。

今まで10年以上勤めてきて、転勤の話は
一度もありませんでした。
このタイミングでの転勤は明らかにおかしいのです。
役員と上司がグルになっていて、介護休業を取らせないように
しているに違いありませんでした。

彼女は今まで会社に貢献してきた自負があり、
今回の対応に納得がいきません。
弁護士を雇い、会社と戦う意志があったのですが、
母親の面倒もみなければならず、争っている暇は
ありませんでした。

結局、自己都合による退職をすることとなり、
早朝のアルバイトをしながら、母親の介護をしています。

自身の身体は元気なのに、十分に働くこともできず、
貧困生活を送っています。

関連記事

「ぽっちゃり女」と「ガリガリ女」貧困率が高いのはどちらか

■ 貧困女子のスタイル 太り過ぎの女性と痩せすぎの女性、 どちらが貧困女子に多いのでしょうか。

記事を読む

男運がない女の共通点

「私、男運がないのよねぇ」が口癖の女たち 「私、男運がないのよねぇ」とよく言う女子がいます。 そ

記事を読む

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしをするために 手っ取り早い手段

記事を読む

マイルドヤンキーという生き方

マイルドヤンキーという生き方は幸せだろうか 貧困女子を語るうえでマイルドヤンキーの生き方を知ること

記事を読む

アラフォー貧困女子の実態

アラフォーで貧困女子になる理由 貧困女子は若い世代ばかりではない。 アラフォーにも生活困窮者がい

記事を読む

貧困女子の貯金

貧困女子は貯金が苦手 貧困女子はお金を稼ぐ力が弱いうえに、貯金も苦手な人が多い。 非正規雇用が増

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代 と呼ばれる人たちの中に、 貧

記事を読む

貧困女子を非難する声

貧困女子はなりたいと誰しもが思っているはずです。 何とかしようと思っているけど、抜け出せない。

記事を読む

「ノンママ」になりたかったわけじゃない

ノンママ否定はやめてほしい 出産しないという選択をした女性のことを「ノンママ」と 言います。

記事を読む

ディズニーまた値上げ! 貧困女子には行けない夢の国

■ ディズニー毎年恒例の値上げ 3年連続でディズニーランド、ディズニーシーの入園料が 値上がりし

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑