*

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

公開日: : コラム

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり

ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。
ケアハラスメントの略で、介護休業を取得する社員に
対する嫌がらせのことです。

会社からの嫌がらせにより、貧困生活を余儀なく
されている女性がいます。

ケアハラを受けた30代女性

さいたま市在住の33歳の独身女性は、
ケアハラを受け、退職を余儀なくされました。

彼女は5年前に父親を亡くし、現在は母親と2人暮らしを
しています。

仕事はOA機器の営業で、都内の職場まで電車で
1時間かけて通勤しています。
営業成績も良く、チームリーダーとして7人の部下の
面倒を見ているキャリアウーマンです。

昨年の年収は500万円で、特に問題なく
普通の暮らしをしていました。

しかし、3ヶ月前から母親が要介護状態となり、
すぐに介護施設を探しました。
ところが、施設に空きがなく、有給休暇を使いながら、
母の面倒を見ていたのです。

休む回数も多くなり、出社しても残業もできない状況で
業務に支障をきたすと判断し、
上司に介護休業の取得をお願いしました。

その数日後、役員から呼び出しがあり、
我孫子市にある支店への転勤を命じられました。
もし我孫子支店に通勤するとなると、
通勤時間は2時間半になります。

彼女はすぐに反論しました。

「母親の介護をしなければならない状態で、
我孫子までの通勤は現実的ではありません。
そもそも、介護休業を申し出た社員に対しての
不利益な扱いは違法だし、これはケアハラです。」

すると役員は介護の話は聞いていないと言いました。
彼女はすぐに介護休業を願い出た上司に相談すると、
忙しくてまだ誰にも話していないというのです。

今まで10年以上勤めてきて、転勤の話は
一度もありませんでした。
このタイミングでの転勤は明らかにおかしいのです。
役員と上司がグルになっていて、介護休業を取らせないように
しているに違いありませんでした。

彼女は今まで会社に貢献してきた自負があり、
今回の対応に納得がいきません。
弁護士を雇い、会社と戦う意志があったのですが、
母親の面倒もみなければならず、争っている暇は
ありませんでした。

結局、自己都合による退職をすることとなり、
早朝のアルバイトをしながら、母親の介護をしています。

自身の身体は元気なのに、十分に働くこともできず、
貧困生活を送っています。

関連記事

高校2年生で自分は貧困女子になると自覚した子

■ 高校2年で人生を諦めている子 高校2年生といえば、これからの将来が楽しみな年頃です。 しかし

記事を読む

貧困女子と風俗業界

風俗業界に身を置いた貧困女子は、裕福な生活が手に入れられるのでしょうか。 いつの時代も性風俗が

記事を読む

結婚願望が強すぎる女性

結婚願望が強い女 ある機関の調査結果によると、新社会人の女性の4人中3人が 結婚願望を持っている

記事を読む

「おひとりさま」を覚悟した女

「おひとりさま」という人生 先日、テレビの特集で「おひとりさま」の生活を 取材していました。

記事を読む

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子の生活実態とは ほとんど役に立たない人間たちが被災地に駆け

記事を読む

貧困女子大生の目指す道

貧困生活を送る女子大生 夢の実現のため、自らが働いて学費を捻出している 女子大生がいます。 仕

記事を読む

ホームレス貧困女子の厳しい生活

ホームレス貧困女子は身近に存在する ホームレスと言えば年配の男性を想像しますが、 ごく稀に若い女

記事を読む

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

介護離職で失う普通の生活 キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、 介護離職により貧困

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

独身と既婚はどちらが幸せか

独身女は既婚者を幸せだと思っている 特に40代独身の貧困女子に多いのですが、 既婚者は女の幸せを

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑