*

40代の婚活女子 結婚できる人できない人の違い

公開日: : コラム ,

婚活に必死な40代女性たち

40代になっても婚活に必死な女性が増えています。
幸せを獲得するための前向き姿勢は良いのですが、
彼女たちの言動がイタすぎるのです。

女性は40代になっても結婚を諦めない

40歳になるまでずっと独身だった女性が
40代で結婚できる確率は1%にも満たないとの
調査結果があります。

つまり、40代で結婚するということは、
もはや奇跡なのです。

男性からすれば、できれば20代の女性と結婚したいようで、
最悪でも30代女性を望んでいるようです。

その理由は、

1、出産可能な女性がいい
2、40歳まで独身だった女性には問題がありそう
3、40歳女性が相手だと親に反対される

と言われており、そのなかでも出産できる可能性が低い
という理由で結婚相手に選ばれないのは、
生物的にみても仕方のないことかもしれません。

しかし、芸能界の人でもたまに、40代の一般女性と
結婚するということがあります。
奇跡的ではありますが、若くなくても素敵な男性と
結婚できる可能性は残されているし、
その努力はするべきなのです。

40代独身女性のイタイ言動

ところが、40代になるまで独身だった女性には
曲者が多いのも事実です。
性格的、言葉使い、作法など、どこかが普通の女性と
違っていて、男性から受け入れられないのです。

千葉県で医療事務をしている41歳の女性は、
スレンダー美人で、今までに5人の男性と
お付き合いした経験もあります。

しかし、1度も結婚したことがありません。

彼女の年収は300万円で、キャリアウーマンと
呼ばれるほどの所得はありません。
そのせいか、結婚相手には年収500万円を
望んでいます。

彼女は、
「もう男性に高望みはできない。3高なんて夢のまた夢。
ごく普通の男性であればいい。」

と言っているのですが、普通の男性ということに
関しては、

・500万円程度の普通の年収
・普通に子供好き
・休日にはたまに家事を手伝ってくれる
・自分より背が高い

とのことでした。

確かに普通の男性像ではあるのですが、
このような普通に良い男性の多くは、
既に結婚しています。

しかも、彼女はほとんど料理をしません。
さらに家に掃除機がないほど、汚れに無頓着です。

41歳になった普通以下の彼女にとって、
普通の男性と結婚したいというのは、
もはや高望みなのです。

「41歳でも見た目が若い私なら、まだ出産できる」
と根拠のない自信を持っているところも
イタイ女と言わざるを得ません。

婚活で成功した40代女は低年収の男をバカにしない

40代で結婚した女性の話を聞くと、
極めて謙虚であることがわかります。

結婚相手に望むことはほぼなく、
残りの人生を楽しく過ごせるパートナーが欲しいという
スタンスなのです。

43歳で結婚した女性の場合ですが、
相手はバツイチ子供なしの38歳男性で、
もう子供は産まなくてもいいと言ってくれたそうです。

相手の男性は自動車部品を作る会社に勤めており、
毎日定時で帰れるものの、年収は300万円ほど。
年収は彼女のほうが上なのです。

それでも、毎日働いてくれるのだから、
何も問題ないといいます。

これが40代でも結婚できた女性の考え方なのだと
思います。

・男性に普通であることを求めない
・自分より優れていることを求めない
・低所得の男性をバカにしない

この大人の女性らしい余裕が、
幸せを招くのだと思います。

関連記事

貧困女子の連鎖

貧困女子は連鎖するもの 自分の母親も貧困女子だったというケースが多く存在します。 親が貧困ゆえに

記事を読む

独身と既婚はどちらが幸せか

独身女は既婚者を幸せだと思っている 特に40代独身の貧困女子に多いのですが、 既婚者は女の幸せを

記事を読む

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明るい年にしたいと願っている

記事を読む

ワーキングプアから抜け出せない30代女性たち

ワーキングプアに苦しむ30代女性 働いているのに生活が楽にならないワーキングプア。 その多くは3

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

貧困女子の賃貸アパート

貧困女子の家賃相場 貧困女子の住む家は、安アパートであることが多いです。 お金がないのだから、当

記事を読む

男ウケしない30代の婚活女子

男ウケしない30代の婚活女子には共通点がある 30代女性の多くはそろそろ結婚しなければと考えていま

記事を読む

貧困女子の就職活動

■ 就職活動のスケジュール変更 2016年3月1日、2017年入社の就職活動がスタートしました。

記事を読む

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話です。 彼女の生活は収入面

記事を読む

貧困女子大生の目指す道

貧困生活を送る女子大生 夢の実現のため、自らが働いて学費を捻出している 女子大生がいます。 仕

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑