*

リア友がいない女子は男性にモテない

公開日: : コラム

リア友がいない女子の寂しい生活

リア友とは現実社会の友達のことです。
ネット上のバーチャルな世界には友達がいるものの、
リア友がいない女子の将来がヤバいです。

リア友がいない女子は男にもモテない

いつの時代も男性にモテる女性というのは、
いい意味で「普通の女」です。

極端に友達が多すぎる女子、特に男友達がいると
平気で口にする女子は男性に人気がありません。

逆にリア友がいない女子も男性にはモテません。
これは人付き合いの経験不足ゆえに、男性との会話や
付き合い方が上手くないからだと思われます。
男性に好まれる言動もできないため、男性から告白される
こともほぼないのです。

このような女性の性格は引っ込み思案で、
ネット上の会話では、相手に気を使った会話ができた
としても、リアルの男性を目の前にすると、
自分の思いや考えを伝えることができず、
暗い女だと思われてしまいます。

コミュニケーション能力欠如の女

都内在住、派遣社員をしている32歳の女性は、
1年以内に結婚したいと考えています。
しかし、彼氏いない歴=年齢の彼女にとっては
難しい問題です。

彼女の見た目は細身で可愛らしく、身長は160cmで
男性に好まれそうな外見をしています。

ただ、極端にあがり症で、人と話をすることが苦手なため、
仕事でも言った言わないでモメることがあり、
派遣先から「あの人はちょっと」と言われてしまうのです。

簡単に言えばコミュニケーション能力が欠如しているのです。
もしかすると、コミュ障なのかもしれません。

そんな少し普通ではない彼女ですが、現在ネット上で知り合った
男性2人いい感じになっています。
相手の男性からは会いたいと言われているようで、
デートまで進めれば、結婚も近いのかもしれません。

しかし、男性と会う約束はするものの、
その当日になると、会いに出かけるのが億劫になり、
ドタキャンしてしまうのです。

彼女の場合、相当押しの強い男性でないと
結婚はおろか、付き合うことも無理かもしれません。

老後の心配をする30代女性

最近では30代、40代で独身の女性は珍しく
なくなりました。
生涯独身の場合、老後の生活について心配しなければ
なりませんが、リア友がいない女性はより心配が多いようです。

お金の問題の他に、孤独の問題があるからです。
30代のうちのリア友を作っておかないと
最期の最期まで寂しい人生になってしまうかもしれません。

関連記事

子どもの貧困は将来に影響する

■ 子どもの貧困率 貧困率とは、世帯所得から国民一人ひとりの所得を試算し、 中間に該当する人の所

記事を読む

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない人が稀にいます。 一生懸命に

記事を読む

貧困女子の連鎖

貧困女子は連鎖するもの 自分の母親も貧困女子だったというケースが多く存在します。 親が貧困ゆえに

記事を読む

貧困女子 40代負け組世代

貧困女子 40代負け組 40代の貧困女子は、世間からは 「かわいそうな女」 という冷た

記事を読む

スマップを追い続けた貧困女子

スマップを追い続けたために貧困女子になった スマップの大ファンである38歳の独身女性の現在を お

記事を読む

働かない貧困女子

働かない貧困女子のゆるい生活 明るい性格の貧困女子が埼玉県に暮らしています。 彼女は33歳独身で

記事を読む

ネイルサロン経営者の貧困女子

事業経営者になってもやっぱり貧困女子 幼少期から続く貧しい暮らしから抜け出そうと 必死にもがく女

記事を読む

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。 最近、ネットニュース等で話題

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑