*

酷い生理痛が原因で働けない女性

公開日: : コラム ,

生理痛が酷いので働けません

女性なら誰もが経験する生理痛。
酷い痛みに耐え切れず、仕事、恋愛、そして
普通の暮らしさえもできない女性がいます。

生理痛が酷いのに忍耐力がないと思われる

35歳で転職を15回経験している貧困女子です。
退職の半分以上は事実上のクビです。

私は高校生のときから生理痛が酷く、
大学生になっても、社会人になってもその痛みは
和らぐことはありませんでした。
医師には気長に治していこうと言われています。

大学卒業後に就職したのは、損害保険会社で、
システム部に配属されました。

物覚えは良かったので、テキパキと仕事をこなし、
先輩たちからの信頼を得ていました。

しかし生理になると尋常でない腹痛と頭痛で
仕事どころではなくなり、机でうずくまっていることが
多かったのです。

男性社員たちは心配してくれて、帰っていいと
言ってくれるのですが、女性たちの目は冷ややかでした。

「生理中ツラいのはわかるけど、もう少し耐えられない?
ツラいのはみんな一緒なのよ。」

たしかに女性なら皆ツライのかもしれません。
私に忍耐力がないだけなのかもしれません。
でも、本当に耐えられない痛みが1週間ほど
続くのです。

女性たちが「ある程度の痛みなら耐えて仕事する」と
言っていると、男性社員たちも、

「あの子は生理だといえば仕事をしなくてもいいと
思っているな。」

というようになりました。

私は職場に居づらくなり、自主退職をしました。

仕事を辞めさせられる辛さ

その後も体調を整えてから、就職活動をして
正社員になるのですが、休みが多いとの理由で、
やんわりと退職を勧められます。

契約社員や派遣社員はもっと酷いです。
契約を更新してもらえないことが頻繁にあるし、
平気で冷たいことを言われます。

「痛いのはかわいそうだと思うけど、仕事しない人を
派遣されるこっちの身にもなってよ。」

派遣先の人の言われる通りではあるのですが、
あまりにも冷たい物言いに涙が出てきます。

仕方なく貧困生活

社会にでて14年目ですが、1年通して働いたことは
一度しかありません。そのため常に貧困状態です。

生理痛のために彼氏ができたとしても、
愛想をつかされてフラれることも多いです。
医師からは出産はおそらく無理だと言われているので、
結婚も難しいでしょう。

普通の暮らしができるようになるのは、
閉経してからだと思っています。

関連記事

高学歴の貧困女子たち

一般的に、貧困女子は低学歴なのですが、年々高学歴化しています。大学卒業後に就職したとしても、会社を辞

記事を読む

「おひとりさま」を覚悟した女

「おひとりさま」という人生 先日、テレビの特集で「おひとりさま」の生活を 取材していました。

記事を読む

自己破産した女の結婚は難しいだろうか

自己破産した女が結婚を望んでも難しい現実 自己破産した知人の話です。 彼女は昔から幸うすい感じが

記事を読む

もし新入社員が貧困女子だったら

貧困女子だという新入社員 最近、女友達のひとりが、 「今年も面白い子が入社してきたよ」

記事を読む

リア友がいない女子は男性にモテない

リア友がいない女子の寂しい生活 リア友とは現実社会の友達のことです。 ネット上のバーチャルな世界

記事を読む

貧困女子の就職活動

■ 就職活動のスケジュール変更 2016年3月1日、2017年入社の就職活動がスタートしました。

記事を読む

女性の多い職場でのトラブル

貧困女子の中では、勤め先を辞めたことがキッカケと いう人も多いです。 では、なぜ勤務先を辞めるこ

記事を読む

貧困女子と過重労働の二択なら

貧困女子と過重労働はどちらが苦しいのか 大手広告代理店の新入社員女性が自ら命を絶ちました。 普通

記事を読む

リア充になる方法がわからない女子

リア充になる方法を知らないために不幸感漂う女子 リア充になる方法を知らないために、いつもつまらなそ

記事を読む

独身と既婚はどちらが幸せか

独身女は既婚者を幸せだと思っている 特に40代独身の貧困女子に多いのですが、 既婚者は女の幸せを

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑