*

ネイルサロン経営者の貧困女子

公開日: : コラム

事業経営者になってもやっぱり貧困女子

幼少期から続く貧しい暮らしから抜け出そうと
必死にもがく女子。
ネイルサロン経営者となり、一時は儲かったものの、
やはり貧困から抜け出すことはかないませんでした。

ネイルサロンを開業したけれど

中学のときから憧れていたネイルの世界に進むべく、
専門学校に行き、技術を習得しました。

実家が貧乏だったため、高校卒業後にアルバイトをして
学費を貯めました。
その後、専門学校を卒業し都内のネイルサロンで働き始めると、
メキメキと技術が向上し、社長にも一目置かれる存在に
なったのです。

新店舗の店長にも抜擢され、順調な仕事ぶりでした。
任せられた店では、私を含め3人のネイリストがいて、
売上も悪くありませんでした。
労いの意味で旅行をプレゼントされたほどです。

しかし、どんなに頑張って売上を出しても、
給料は手取りで20万円にもなりませんでした。

それで自分で開業しようと考えたのです。
都内は家賃が高いので、さいたま市にある大宮駅の近くに
店を構えました。

開業してすぐに売上を伸ばし、半年後には2人の
ネイリストを雇いました。

高所得者の仲間入りができると思っていましたが、
ライバル店が増えるにつれて経営は落ち込んでいくのです。

見栄っ張りの貧困女子

開業から2年が経つころには、スタッフを雇う余裕が
なくなり、1人で店を切り盛りするようになりました。

資金もほぼ無い状態になっているのですが、
贅沢な暮らしを止めることはできませんでした。

もともとブランド物の服やアクセサリーを買うことが
好きだったうえに、周りの友人たちに羨ましがられる
存在になっていたので、今さら惨めな格好を見せるわけには
いかなくなっていたのです。

「やっぱり女の経営なんてこんなものよ。」
「やるだけやったんだからもういいんじゃない。」

などと、上から目線で物を言われることだけは、
絶対に嫌でした。

後戻りできない経営者

月の利益が10万円を切っても、見栄と体裁のために
店をたたむことができなくなっていました。

持っていたブランド品を、少しずつ売却しながら
細々と経営していました。

貧乏暮らしには戻りたくないと思う一方で、

「もう消えてしまいたい。」

というのが口癖になっていました。

結局、ただ背伸びしただけだったのです。
もともと私は貧困女子だったというわけなのです。

関連記事

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

介護離職で失う普通の生活 キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、 介護離職により貧困

記事を読む

貧困女子大生の目指す道

貧困生活を送る女子大生 夢の実現のため、自らが働いて学費を捻出している 女子大生がいます。 仕

記事を読む

キャリアウーマンだった女がなぜ貧困女子になったのか

キャリアウーマンだった女が一転して貧困女子になってしまった理由 有名女子大学を卒業し、大手IT企業

記事を読む

酷い生理痛が原因で働けない女性

生理痛が酷いので働けません 女性なら誰もが経験する生理痛。 酷い痛みに耐え切れず、仕事、恋愛、そ

記事を読む

マイルドヤンキーという生き方

マイルドヤンキーという生き方は幸せだろうか 貧困女子を語るうえでマイルドヤンキーの生き方を知ること

記事を読む

貧困女子の就職活動

■ 就職活動のスケジュール変更 2016年3月1日、2017年入社の就職活動がスタートしました。

記事を読む

男女の賃金格差を気にする女性たち

日本には男女の賃金格差が存在する 昔に比べ女性の労働環境が良くなった現代の日本でも 男女の賃金格

記事を読む

自己破産した女の結婚は難しいだろうか

自己破産した女が結婚を望んでも難しい現実 自己破産した知人の話です。 彼女は昔から幸うすい感じが

記事を読む

ボランティア女子の意味不明な活動

■ ボランティアが好きな女性 少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。 その女性

記事を読む

ベッキー不倫騒動の結末

■ ベッキーの不倫騒動はわかっていたことではないのか ベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑