*

「ノンママ」になりたかったわけじゃない

公開日: : コラム

ノンママ否定はやめてほしい

出産しないという選択をした女性のことを「ノンママ」と
言います。
自ら選んで出産をしないのならいいのですが、
中にはやむなく出産しない、あるいはできない女子も
いるのです。

ノンママになった理由

一流大学を卒業後、有名企業に就職し、25歳で職場の
先輩と結婚しました。

順風満帆だと思っていた私の人生は、蓋を明けてみれば
貧困そのものでした。

主人とは2人の子供を育てたいと話していました。
そして結婚してすぐに妊活を始めましたが、
3年間も妊娠しなかったのです。

さすがに何かおかしいと思い、不妊治療を始めました。
しかし一度も身ごもることはなく、高額な治療費だけを
払い続けていました。

30歳をすぎると、子供ができない私に対し、義母の態度は
あからさまに冷たくなりました。
まだ救いだったのは、「諦めないで頑張ろう」と主人が
励ましてくれたことです。

主人は人並み以上の給料を稼いでくれていましたし、
義母と私の間に入り仲がこじれないように配慮してくれる
優しい男性でした。
しかし激務と不妊に悩まされ体調を崩してしまうのです。

主人はうつ病と診断されました。
ついには仕事ができる状態ではなくなり、退職を余儀なく
されました。
そして、うちには妊活を続ける余裕がなくなりました。

出産を諦めた私

31歳になった頃、うつ病で働けない主人に代わり働きに
行くことにしました。
6年のブランクがありましたが、運よく正社員で採用されました。
前職と同じ総務部の仕事です。

入社当初は仕事もあまりできませんでしたし、
給料も少なかったです。
しかし徐々に業務にも慣れ、入社3年を過ぎた頃からは給料も
少しづつですが増えていきました。
増えても年収は300万円もありませんでしたので、
生活は楽ではありません。

うちは私が働き、主人が主夫業をすることが当たり前に
なったのです。

職場でのノンママ否定

職場では人間関係も良好でした。
ただ、悪気はないと思うのですが、ノンママであることを
指摘されることが多いのです。

・家族のためにも子供がいたほうがいいよ
・育児は大変だけど喜びも大きいよ
・不妊治療の効果も上がってるらしいね
・仕事もいいけど女は出産しないとね

言われる度に耳が痛いです。
というより、もういい加減聞きたくありません。

妊活に失敗したことを言っていない私が悪いのですが、
ノンママ否定はそろそろ止めてほしいと思っています。

関連記事

ボランティア女子の意味不明な活動

■ ボランティアが好きな女性 少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。 その女性

記事を読む

介護職を選ぶ女子は貧困になる可能性が高い

介護職に就く女子は貧困になりやすい 少子高齢化の時代に突入し、介護現場の人手不足が問題と なって

記事を読む

貧困女子のための貯金術

彼女たちが貧困になった理由 そもそも貧困女子たちはなぜ貧乏生活をしているのか。 答えは単純で、収

記事を読む

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。 ケアハ

記事を読む

もし新入社員が貧困女子だったら

貧困女子だという新入社員 最近、女友達のひとりが、 「今年も面白い子が入社してきたよ」

記事を読む

ネットカフェ難民の行く末

ネットカフェ難民という言葉が世に知れ渡ってから数年経ったと思います。この言葉は、ドキュメンタリー番組

記事を読む

シングルマザー貧困女子の地獄

貧困女子の中でもシングルマザーはまさに地獄のようだ。 母子家庭で子供を育てるのは確かに大変だ。

記事を読む

アラフォー貧困女子の実態

アラフォーで貧困女子になる理由 貧困女子は若い世代ばかりではない。 アラフォーにも生活困窮者がい

記事を読む

40代の婚活女子 結婚できる人できない人の違い

婚活に必死な40代女性たち 40代になっても婚活に必死な女性が増えています。 幸せを獲得するため

記事を読む

貧困女子 40代負け組世代

貧困女子 40代負け組 40代の貧困女子は、世間からは 「かわいそうな女」 という冷た

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑