*

「ノンママ」になりたかったわけじゃない

公開日: : コラム

ノンママ否定はやめてほしい

出産しないという選択をした女性のことを「ノンママ」と
言います。
自ら選んで出産をしないのならいいのですが、
中にはやむなく出産しない、あるいはできない女子も
いるのです。

ノンママになった理由

一流大学を卒業後、有名企業に就職し、25歳で職場の
先輩と結婚しました。

順風満帆だと思っていた私の人生は、蓋を明けてみれば
貧困そのものでした。

主人とは2人の子供を育てたいと話していました。
そして結婚してすぐに妊活を始めましたが、
3年間も妊娠しなかったのです。

さすがに何かおかしいと思い、不妊治療を始めました。
しかし一度も身ごもることはなく、高額な治療費だけを
払い続けていました。

30歳をすぎると、子供ができない私に対し、義母の態度は
あからさまに冷たくなりました。
まだ救いだったのは、「諦めないで頑張ろう」と主人が
励ましてくれたことです。

主人は人並み以上の給料を稼いでくれていましたし、
義母と私の間に入り仲がこじれないように配慮してくれる
優しい男性でした。
しかし激務と不妊に悩まされ体調を崩してしまうのです。

主人はうつ病と診断されました。
ついには仕事ができる状態ではなくなり、退職を余儀なく
されました。
そして、うちには妊活を続ける余裕がなくなりました。

出産を諦めた私

31歳になった頃、うつ病で働けない主人に代わり働きに
行くことにしました。
6年のブランクがありましたが、運よく正社員で採用されました。
前職と同じ総務部の仕事です。

入社当初は仕事もあまりできませんでしたし、
給料も少なかったです。
しかし徐々に業務にも慣れ、入社3年を過ぎた頃からは給料も
少しづつですが増えていきました。
増えても年収は300万円もありませんでしたので、
生活は楽ではありません。

うちは私が働き、主人が主夫業をすることが当たり前に
なったのです。

職場でのノンママ否定

職場では人間関係も良好でした。
ただ、悪気はないと思うのですが、ノンママであることを
指摘されることが多いのです。

・家族のためにも子供がいたほうがいいよ
・育児は大変だけど喜びも大きいよ
・不妊治療の効果も上がってるらしいね
・仕事もいいけど女は出産しないとね

言われる度に耳が痛いです。
というより、もういい加減聞きたくありません。

妊活に失敗したことを言っていない私が悪いのですが、
ノンママ否定はそろそろ止めてほしいと思っています。

関連記事

高校2年生で自分は貧困女子になると自覚した子

■ 高校2年で人生を諦めている子 高校2年生といえば、これからの将来が楽しみな年頃です。 しかし

記事を読む

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

介護離職で失う普通の生活 キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、 介護離職により貧困

記事を読む

「おひとりさま」を覚悟した女

「おひとりさま」という人生 先日、テレビの特集で「おひとりさま」の生活を 取材していました。

記事を読む

読者モデルの貧困生活

読者モデルは職業ではない 読者モデルをしている33歳の女子は、 本物のモデルを目指して奮闘中。

記事を読む

ベッキー不倫騒動の結末

■ ベッキーの不倫騒動はわかっていたことではないのか ベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷

記事を読む

貧困女子の連鎖

貧困女子は連鎖するもの 自分の母親も貧困女子だったというケースが多く存在します。 親が貧困ゆえに

記事を読む

貧困女子の貯金

貧困女子は貯金が苦手 貧困女子はお金を稼ぐ力が弱いうえに、貯金も苦手な人が多い。 非正規雇用が増

記事を読む

女性の多い職場でのトラブル

貧困女子の中では、勤め先を辞めたことがキッカケと いう人も多いです。 では、なぜ勤務先を辞めるこ

記事を読む

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明るい年にしたいと願っている

記事を読む

モラスハラスメントで生活苦

高橋ジョージさん、三船美佳さん夫妻の離婚裁判が報じられて以来、一躍有名になった「モラルハラスメント」

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑