*

貧困女子高生うららさんへのバッシングが止まらない

公開日: : コラム , ,

貧困女子高生うららにバッシングするネット住民

先月NHKの番組で報じられた貧困女子高生の「うららさん」。
本当に貧困なのかという議論が巻き起こり、
未だに彼女に対する批判が止まりません。

貧困女子高生をたたくネット住民たちの言い分

先月、NHKの番組で登場した貧困女子高生が話題となりました。

うららさんは貧困ゆえに専門学校への進学を諦めたとか、
パソコンが買えないので、キーボードのみでタイプ練習を
しているなどと貧困さをアピールしていました。

ところが、高価なものが部屋にあるとか、高額のランチを
食べていることが暴露され、ネット上でバッシングを
受けています。

彼女に対する批判は止まることなく、未だに続いています。

彼女を批判するネット住民たちの言い分としては、
「貧困を装っている」ということです。

高校3年生の女子が貧困に苦しんでいるとすれば、
それは親や社会に改善の余地があり、
本人が原因ではないとも言えます。
ところが、ネット上で暴露されていることが事実であるならば、
許せないということのようです。

貧困女子の大半は自分の意志

障害者や勤務先の倒産など特別な場合を除き、
一般的に、貧困女子の大半は自分の意志で貧しい生活を
しています(おそらく7割くらい)。

そんな彼女たちには目的があり、貧しくてもいいから
自給自足の生活をしたいとか、人間関係や残業が嫌で
粛々と内職をしているなど、それぞれの思いがあって
貧困生活をしています。

そして、そのような人たちは、自分に改善の余地が
あることも知っていることが多く、そのうえで
改善のための労力を使いたくないと考えています。

問題視されている「うららさん」はどうなのでしょうか。
高校3年生ということで義務教育を終えています。
母子家庭とか母親の所得が少ないなど、同情の余地は
あるものの、自分の意志と努力で進学を決めることも
できる年齢です。

彼女には夢があるようですので、これからは自らの努力で
夢を実現できればよいのではないかと思います。

番組側の思惑と出演者の狙い

障害者や貧困生活者など、下に見られる人たちの
奮闘は感動を呼びます。
そして涙と感動のドラマは、視聴者を勇気づけるとともに
視聴率の獲得にも一役買うことができます。

おそらく、番組側の狙いはそこにあるのだと思います。

また、出演する人にとってもメリットが考えられます。
例えば、開催するイベントに人を呼ぶためのアピールになりますし、
出演者本人の知名度を上げることもできます。

それほどテレビの力は絶大だと思います。

もしも、様々な立場の人たちが、それぞれの思惑を持って
行動しているとするならば、ネット上でのバッシングは
ある意味で成功だったのかもしれません。

関連記事

貧困女子 自己責任なのか

先日、あるテレビ番組で貧困女子が自己責任か という内容で討論していました。 この話はネットニュー

記事を読む

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。 そんな夢を叶えてくれるの

記事を読む

貧困女子のための貯金術

彼女たちが貧困になった理由 そもそも貧困女子たちはなぜ貧乏生活をしているのか。 答えは単純で、収

記事を読む

シングルマザー貧困女子の地獄

貧困女子の中でもシングルマザーはまさに地獄のようだ。 母子家庭で子供を育てるのは確かに大変だ。

記事を読む

アラフォー貧困女子の実態

アラフォーで貧困女子になる理由 貧困女子は若い世代ばかりではない。 アラフォーにも生活困窮者がい

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない人が稀にいます。 一生懸命に

記事を読む

独身と既婚はどちらが幸せか

独身女は既婚者を幸せだと思っている 特に40代独身の貧困女子に多いのですが、 既婚者は女の幸せを

記事を読む

結婚願望が強すぎる女性

結婚願望が強い女 ある機関の調査結果によると、新社会人の女性の4人中3人が 結婚願望を持っている

記事を読む

男ウケしない30代の婚活女子

男ウケしない30代の婚活女子には共通点がある 30代女性の多くはそろそろ結婚しなければと考えていま

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑