*

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

公開日: : コラム , ,

貧困女子の姉を持つ普通のOL

埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている派遣社員の
絵美さん(25歳)から姉妹の性格の違いについて聞きました。
彼女は、色白、細身で清楚な感じの女性です。

絵美さんには1歳年上の姉がいます。
姉妹は双子に間違われるほど外見は似ているようですが、
性格や生活習慣は全く異なるそうです。

そして、姉は貧困女子なのです。

 

同時期に退職した姉妹の門出

姉妹は年子で仲も良く、幼少期から何をするにも一緒でした。
高校も短大も同じで、違う道に進んだのは社会人になって
からでした。

社会人になっても2人は実家から仕事に出掛けておりましたが、
2年前からはそれぞれ一人暮らしをしています。

2014年8月、絵美さんは短大卒業後に就職した会社を
退職しました。
退職前、両親にずっと相談しており、父親に「まだ辞める
べきではない」と言われていたので、
辞めたい理由や悩みなどを話し説得していました。

そして、「2ヶ月以内に再就職する」という条件で
退職を許してもらいました。

絵美さんが退職した1週間後、姉が驚くべきことを
言い出しました。

「私も会社辞めちゃった」

姉は何の前触れもなく、いきなり退職を決めたのです。
当然、両親にも事後報告で、父親はカンカンに
怒ってしまいました。

「お前ら、2人とも自立しろ」

こうして2人はそれぞれ一人暮らしを始めたのです。
絵美さんは姉からとばっちりを受けた形で実家を
出ることになりました。

何でも運のせいにする姉

絵美さんは退職から1ヶ月後に、派遣会社の紹介で
再就職しました。
少しだけかじった英会話を武器に、外資系企業の広報の仕事に
就きました。

時給1,700円もらえるので、月収は27万円ほどです。
手取りでも23万円以上となり、一人暮らしでも
普通に暮らすことができます。

さらにもともと200万円ほどの貯蓄があったので、
一人暮らしを始める際も特に問題はありませんでした。

一方、姉のほうは退職後、イベントガール等の日雇いの仕事で
食いつなぎ、再就職したのは、4ヶ月後のことでした。

絵美さん同様派遣社員で、時給は1,200円。
手取りは16万円ほどです。
所得は多くありませんが、一人暮らしができない
金額ではありません。

ところが、姉は体調不良で仕事を休むことが多いうえに
浪費家で蓄えが全くありません。
次の給料日までほぼお金がないということも
しばしばありました。

貧困女子になる性格

絵美さんは3年間付き合っている彼氏と
もうすぐ結婚します。
堅実で家事も得意な彼女なら良いお嫁さんになるでしょう。

姉のほうは、彼氏はすぐにできるようなのですが、
半年以上付き合ったことがありません。
彼氏と別れるたびに高額な買い物をしたり、
海外旅行に出かけるそうです。

「寂しいから仕方がない」

これがいつもの口癖だそうです。

絵美さんの分析では、姉は「かまってちゃん」なのだそうです。
そして、自分のことばかり話して、人の話を聞いていない
ことが多く、男性が離れていってしまうのです。

男性だけでなく、同姓の友達も少ないし、
仕事がすぐに決まらなかったのも、そんな性格が原因の
ひとつのようです。

派遣契約の3ヶ月ですぐに辞めさせられてしまうことも
多いので、もっとコミュニケーション能力を付けなければ、
仕事も恋愛も上手くいかないのです。

このままでは、貧困女子のまま30代になって
しまいそうで、絵美さんは心配しているのです。あ

関連記事

貧困女子の就職活動

■ 就職活動のスケジュール変更 2016年3月1日、2017年入社の就職活動がスタートしました。

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

働かない貧困女子

働かない貧困女子のゆるい生活 明るい性格の貧困女子が埼玉県に暮らしています。 彼女は33歳独身で

記事を読む

スマップを追い続けた貧困女子

スマップを追い続けたために貧困女子になった スマップの大ファンである38歳の独身女性の現在を お

記事を読む

「ノンママ」になりたかったわけじゃない

ノンママ否定はやめてほしい 出産しないという選択をした女性のことを「ノンママ」と 言います。

記事を読む

ネットカフェ難民の行く末

ネットカフェ難民という言葉が世に知れ渡ってから数年経ったと思います。この言葉は、ドキュメンタリー番組

記事を読む

貧困女子の結婚観

貧困女子は結婚できない? よくテレビのインタビューなどで、 「正社員じゃないし、お金もないので結

記事を読む

読者モデルの貧困生活

読者モデルは職業ではない 読者モデルをしている33歳の女子は、 本物のモデルを目指して奮闘中。

記事を読む

若年者の貧困は親の責任でもある

■ 若者の貧困は親の育て方が悪かったせい 若者の貧困が問題になっており、 ニュース等でも大きく報

記事を読む

もし新入社員が貧困女子だったら

貧困女子だという新入社員 最近、女友達のひとりが、 「今年も面白い子が入社してきたよ」

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑