*

美人とブスの賃金格差

公開日: : コラム

美人とブスの賃金格差は存在するのか

 

同じことをしても美人は許される。
今までの経験から、このように思うブスもいます。

実際、職場でも美人がもてはやされることが多いと思われますが、
賃金にも影響するのでしょうか。

 

ブスの貧困女子の悩み

都内の中堅商社で働く由香子さん(32歳)は、
3歳年下の後輩から「賃金格差を感じている」と相談を受けました。

後輩の話によると、自分の年収は330万円だけど、
同期の子は480万円であることを知ったそうです。

同期入社にも関わらず、年収が150万円も違いがあることに
腹を立てていると同時に、原因はルックスにあるのではないかと
考えているそうです。

由香子さんから見ても、この後輩はお世辞にも美人とは言えません。
というよりも、ブスと言って間違いないのです。
身長は155cmくらいで、体重は60kgくらいありそうな
体格をしており、顔も男性ウケしなそうな感じなのです。

一方、年収480万円あるという子は、清楚で美人で、
スタイルも良く、女優にでもなれそうな感じです。

確かに部下の仕事の評価をする人間の多くは男性です。
後輩が思うように、ルックスで差が出ているのかもしれません。

会議に呼ばれることも、仕事終わりに食事に誘われることも
美人の子のほうが多いようなので、男性社員からのひいきが
あることは事実のようです。

美人の働き方と賃金

由香子さんは、それとなく男性社員に部下とその同期の子の
働きぶりを聞いてみました。

すると、美人の子のほうは、積極的に業務に取り組み、
しっかりと結果を出してくれているようです。
社交的で上司から好かれており、信頼もあるので、
年収480万円は決して高くはないとのことでした。

対して、低賃金に不満のある後輩はというと、
機嫌のいい日悪い日があり使いづらく、仕事をお願いしても、
自分の力量では無理だと言ったり、引き受けても期限に
間に合わなかったりすることが多いそうです。

また、仕事後の食事会などでは、酔い潰れたり、
上司にタメ口になったりするそうなので、
誘わなくなったそうです。

ブスと美人の違いは性格にあった

結局のところ、年収150万円の差は、美人かブスか
ではなく、性格、仕事に対する姿勢、人間関係にあったのです。

それにも関わらず、賃金が同期の人間よりも少ないと
文句を言っている後輩は、己の至らなさを反省し、
成長するべきなのです。

もしかすると、美人とブスに賃金格差があると言っているのは、
世の中のブスたちのヒガミなのかもしれません。

関連記事

もし新入社員が貧困女子だったら

貧困女子だという新入社員 最近、女友達のひとりが、 「今年も面白い子が入社してきたよ」

記事を読む

「おひとりさま」を覚悟した女

「おひとりさま」という人生 先日、テレビの特集で「おひとりさま」の生活を 取材していました。

記事を読む

働かない貧困女子

働かない貧困女子のゆるい生活 明るい性格の貧困女子が埼玉県に暮らしています。 彼女は33歳独身で

記事を読む

ネットカフェで暮らす貧困女子の悲しいリアル

ネットカフェで暮らす貧困女子の将来は ネットカフェで生活をする貧困女子がときどき テレビで報道さ

記事を読む

意識高い系女子は結婚まで至らない

意識高い系女子には結婚に至らない理由がある 意識が高いというのは、本来よい意味なのですが、 最近

記事を読む

貧困女子の貯金

貧困女子は貯金が苦手 貧困女子はお金を稼ぐ力が弱いうえに、貯金も苦手な人が多い。 非正規雇用が増

記事を読む

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家事もすべて 一人でこなさなけ

記事を読む

シングルマザー貧困女子の地獄

貧困女子の中でもシングルマザーはまさに地獄のようだ。 母子家庭で子供を育てるのは確かに大変だ。

記事を読む

男ウケしない30代の婚活女子

男ウケしない30代の婚活女子には共通点がある 30代女性の多くはそろそろ結婚しなければと考えていま

記事を読む

「ノンママ」になりたかったわけじゃない

ノンママ否定はやめてほしい 出産しないという選択をした女性のことを「ノンママ」と 言います。

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑