*

男に好かれる貧困女子

公開日: : コラム ,

貧困女子でも男に好かれるなら問題なし?

貧困女子と言えば、お金もなく孤独に暮らしている
印象がありますが、必ずしもそうではありません。

割合的には少なくなりますが、貧困女子であっても
男に好かれていて楽しい人生を送っている人もいます。

幸せは「お金」だけではないのです。

男ウケする女性

男ウケする女性と言えば、顔が可愛くてスタイルが良い人を
連想します。

もちろん、間違ってはいませんが、
顔もスタイルもいいのに、男に騙されたり、
アラフォーになっても結婚できない人もいます。

なので、男ウケする女性と言っても、必ずしも顔スタイルの良い
人だけではないのです。

聞き上手とか、男性を褒めるのが得意とか、
料理や家事が得意とか、男性から好かれる要因は
無数にあります。

さらに、ごく普通の男性は、あまりにもキレイな女性だと
尻込みしてしまうようで、
多少ブスやぽっちゃりのほうが好まれるということもあります。

幸福感のない女性

幸福感のない女性と言われる人たちがいます。

しかしそれは他人から見た印象であり、本人の感想では
ありません。

では、他人から幸福感がなさそうに思われる女性というのは
どのような人なのでしょうか。

・男にモテない
・お金がない
・人に騙させる

そんな傾向があったり、そのように他人に思われる人は
幸福感なしというレッテルを貼られてしまうでしょう。

悲しいことに、このようなレッテルを貼られる人は、

他人から見た印象 = 本人の感想

となり、自分でも不幸な女だと思っている場合が多いです。

ブサイクでも男に好かれる貧困女子がいる

お金も幸福感もない女性と言えば、貧困女子が真っ先に
頭に浮かびます。

しかし、それほど可愛くない貧困女子でも
男に好かれて幸せな人生を送っている人もいます。

それは、夢追い系の人ではなく、お金や仕事に執着していない
人たちです。

アイドル志望、弁護士志望などの夢追い系の貧困女子は、
それほど男ウケしません。

そんなに贅沢でもなく、質素な生活をしているけれど、
家は小ギレイにしていたり、自炊して食費を節約している
ような女子は男性に好まれます。

そして、いつの間にか貧困女子を卒業し、
良き妻と成長していくのです。

ただ、これは狙ってできるものではありません。
幸せになる才能を持っているか否かかもしれません。

関連記事

男運がない女の共通点

「私、男運がないのよねぇ」が口癖の女たち 「私、男運がないのよねぇ」とよく言う女子がいます。 そ

記事を読む

貧困女子の就職活動

■ 就職活動のスケジュール変更 2016年3月1日、2017年入社の就職活動がスタートしました。

記事を読む

酷い生理痛が原因で働けない女性

生理痛が酷いので働けません 女性なら誰もが経験する生理痛。 酷い痛みに耐え切れず、仕事、恋愛、そ

記事を読む

男に興味がない女の共感できない暮らしぶり

男に興味がない女は静かに暮らしたい 最近の若い世代は、異性に興味がない人が増えているそうです。

記事を読む

働かない貧困女子

働かない貧困女子のゆるい生活 明るい性格の貧困女子が埼玉県に暮らしています。 彼女は33歳独身で

記事を読む

保育士 仕事はキツイし給料は安いしやってられない

■ 保育士を希望する女たち 保育士の給料は比較的安く、そのうえ仕事はハードであると テレビ等のメ

記事を読む

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子

モンスターボランティアと呼ばれる貧困女子の生活実態とは ほとんど役に立たない人間たちが被災地に駆け

記事を読む

「ぽっちゃり女」と「ガリガリ女」貧困率が高いのはどちらか

■ 貧困女子のスタイル 太り過ぎの女性と痩せすぎの女性、 どちらが貧困女子に多いのでしょうか。

記事を読む

シングルマザー貧困女子の地獄

貧困女子の中でもシングルマザーはまさに地獄のようだ。 母子家庭で子供を育てるのは確かに大変だ。

記事を読む

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑