*

親不良型

親からの虐待、ネグレストなどの理由で、幼少期に満足に勉強をしてきていないケースです。幼児虐待は昔からあったことですが、少数派であるがゆえに救済されずにいることが多いと思われます。また、貧困家庭で育ち、自身が大人になってからも貧困生活を続けていることが多いのも特徴です。
国や地域から援助が受けられることも知らない人も目立ちます。まずは自分が助かる道を知ることが重要となります。
誰でも大人になってからでも勉強することは大切なことです。

我が国では、人間が人間らしく生きる権利があります。さらに低所得者を救済するサービスが数多く存在します。
例えば以下のようなものがあります。
 ●生活保護
 ●低所得者向けの給付金
 ●国民年金の減免
 ●求職者支援訓練

などです。
他にもたくさんありますが、別のページで紹介します。
シングルマザーにはさらに手厚い援助が用意されています。
これらのサービスの存在を知ることが重要です。そして、手続きの方法などがわからないにしても、誰に相談すればいいかさえ知っていれば、何とかなることは多いのです。

以前、絵美さん(仮名)という20歳の女性から辛い体験を聞いたことがあります。
彼女は一人っ子で小学2年生の時に母親が病気で他界しました。父親はタクシー運転手をしており、お世辞にも裕福な家庭とは言えません。
満足な食事を与えられない幼少期を過ごしたため、小学生のころは体調を崩しやすく、家で一人寝ていたことも多かったそうです。
彼女は女子高生になった頃から、父親から性的虐待を受けていたようでした。それは彼女が一人暮らしを始めた後も続いていたようです。
そのことが原因でうつ病になってしまい、ますます働くことができなくなってしまうのです。まさに負のスパイラルです。絶対にどこかで断ち切らなくてはならない事例です。

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑