*

親不良型

親からの虐待、ネグレストなどの理由で、幼少期に満足に勉強をしてきていないケースです。幼児虐待は昔からあったことですが、少数派であるがゆえに救済されずにいることが多いと思われます。また、貧困家庭で育ち、自身が大人になってからも貧困生活を続けていることが多いのも特徴です。
国や地域から援助が受けられることも知らない人も目立ちます。まずは自分が助かる道を知ることが重要となります。
誰でも大人になってからでも勉強することは大切なことです。

我が国では、人間が人間らしく生きる権利があります。さらに低所得者を救済するサービスが数多く存在します。
例えば以下のようなものがあります。
 ●生活保護
 ●低所得者向けの給付金
 ●国民年金の減免
 ●求職者支援訓練

などです。
他にもたくさんありますが、別のページで紹介します。
シングルマザーにはさらに手厚い援助が用意されています。
これらのサービスの存在を知ることが重要です。そして、手続きの方法などがわからないにしても、誰に相談すればいいかさえ知っていれば、何とかなることは多いのです。

以前、絵美さん(仮名)という20歳の女性から辛い体験を聞いたことがあります。
彼女は一人っ子で小学2年生の時に母親が病気で他界しました。父親はタクシー運転手をしており、お世辞にも裕福な家庭とは言えません。
満足な食事を与えられない幼少期を過ごしたため、小学生のころは体調を崩しやすく、家で一人寝ていたことも多かったそうです。
彼女は女子高生になった頃から、父親から性的虐待を受けていたようでした。それは彼女が一人暮らしを始めた後も続いていたようです。
そのことが原因でうつ病になってしまい、ますます働くことができなくなってしまうのです。まさに負のスパイラルです。絶対にどこかで断ち切らなくてはならない事例です。

不幸が続く貧困女子

不幸が続く貧困女子の負のスパイラル なぜか何をやってもうまくいかない

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

→もっと見る

PAGE TOP ↑