*

障害型

一口に障害と言っても、様々な障害があります。
貧困女子に多いのは精神障害と知的障害です。どちらも本来なら、行政や親族に助けられて生きていくべき人たちなのですが、事情により一人で生きていくしかないからこそ、貧困に陥るのです。
そして、4つのタイプの中で最も状況が悪く、立ち直ることも難しいです。

まず、精神障害の人たちについて。
彼らはうつ病やパニック障害などの症状を持ち、満足に働くことができない。たとえ働くことができたとしても、健常者には理解できないような理由で、仕事を休んだりトラブルを起こしたりするため、長く働くことができないのです。
次に知的障害の人たちについて。自分で着替えすらできないような人もいれば、日常生活はできるけど、語学力が小学生並みであったり、理解力が低かったりする人もいます。障害の度合はそれぞれです。

このような人たちが一人で生きていくことは本当に難しいです。しかし、親と死別していたり、親も障害者だったりして、一人で生きるしかない状況であり、満足な援助を受けることが出来ないことが多いです。また、行政が用意している手当や救済措置を知る術もないのです。手当を受け取る為の手続きができないのではなく、手当の存在すら知らないという状況なのです。

優子さん(24歳・仮名)の話です。
彼女は高校卒業後に就職したのですが、職場で受けたパワハラによりうつ病を発症。それから満足に働くことができません。
さらに、母親は優子さんが生まれてすぐに他界し、父親は3年前に病死し、肉親が一人もいないのです。現在は父親と一緒に住んでいたアパートに一人で暮らしています。
家賃や生活費などは、出会い系サイトで知り合った男性との売春行為で稼いでいます。

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをし

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話で

姉妹で差が出る貧困女子と普通の女性

貧困女子の姉を持つ普通のOL 埼玉県さいたま市で一人暮らしをしている

貧困女子と過重労働の二択なら

貧困女子と過重労働はどちらが苦しいのか 大手広告代理店の新入社員女性

→もっと見る

PAGE TOP ↑