*

ネットカフェ難民の行く末

公開日: : 最終更新日:2015/05/07 コラム

ネットカフェ難民という言葉が世に知れ渡ってから数年経ったと思います。この言葉は、ドキュメンタリー番組「NNNドキュメント」が「ネットカフェ難民 漂流する貧困者たち」と題して放送したのがきっかけだったと記憶しています。

ネットカフェ難民は、複雑な事情により住所不定となり、ネットカフェで生活をしています。生粋のホームレスと違い、働く意思はあるのです。主に日雇いバイトなどをしながら、その日暮らしをしています。家出少女のケースでは、出会い系サイトなどで知り合った男と援助交際をしていることもあり、救済が必要な状況であります。しかし救済されないカラクリがあるようです。

まず、生活困難者には生活保護という制度があります。しかし、住所が無い彼らは生活保護が受けられません。そればかりか、銀行口座も作れないし、印鑑登録もできません。つまり賃貸契約ができません。まさに八方塞がりなのです。そして、ついには貧困ビジネス業者の魔の手にかかってしまうのです。

そのような状況に陥らないためには、行政の助けをもらうことです。
例えば、東京都には「TOKYOチャレンジネット」があります。住居を失い、インターネットカフェや漫画喫茶等で寝泊りしながら不安定な就労に従事する者や離職者に対して、生活支援・居住支援・資金貸付をしてくれます。さらに就労支援等のサポートもあり、自立した安定的な生活を送るための手助けをしてくれます。
まずは諦めずに、明るい未来を信じて援助をもらうことが重要です。ネットカフェにいるのなら、情報収集は可能なはずです。自立し楽しい人生を歩んでいきましょう。

関連記事

美人とブスの賃金格差

美人とブスの賃金格差は存在するのか   同じことをしても美人は許される。 今まで

記事を読む

ベッキー不倫騒動の結末

■ ベッキーの不倫騒動はわかっていたことではないのか ベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷

記事を読む

NHKで話題になった貧困女子高生のうららさんについて

貧困女子高生と称される「うららさん」の将来 NHKの番組で「うららさん」という貧困女子高生が 紹

記事を読む

貧困女子 自己責任なのか

先日、あるテレビ番組で貧困女子が自己責任か という内容で討論していました。 この話はネットニュー

記事を読む

ぼっち充で結婚なんてする気がない女性の幸福感

ぼっち充の現状に満足している女たち ぼっち充の人が増えています。 男性の場合、仕事以外では会話が

記事を読む

男女の賃金格差を気にする女性たち

日本には男女の賃金格差が存在する 昔に比べ女性の労働環境が良くなった現代の日本でも 男女の賃金格

記事を読む

貧困女子の就職活動

■ 就職活動のスケジュール変更 2016年3月1日、2017年入社の就職活動がスタートしました。

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

モラスハラスメントで生活苦

高橋ジョージさん、三船美佳さん夫妻の離婚裁判が報じられて以来、一躍有名になった「モラルハラスメント」

記事を読む

高学歴の貧困女子たち

一般的に、貧困女子は低学歴なのですが、年々高学歴化しています。大学卒業後に就職したとしても、会社を辞

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑