*

シングルマザー貧困女子の地獄

公開日: : コラム ,

貧困女子の中でもシングルマザーはまさに地獄のようだ。
母子家庭で子供を育てるのは確かに大変だ。
しかし、各種手当てが充実している現代において、
そこまで苦しいものなのだろうか。

明美さん(33歳・パート)は22歳のときに
できちゃった結婚をした。そのときは彼と結婚できる
喜びもあり、幸せいっぱいだった。
しかし、妊娠9ヶ月のときに旦那が会社の女性社員と
浮気をしていることが発覚する。
子どもが生まれた後も、旦那との言い争いは続き、
子どもが1歳になった頃に、明美さんが出ていく形で離婚した。
養育費は一切もらっていないという。

離婚後は正社員で働く母親のもとに身を寄せた。
家事と育児は彼女が全てやっていた。
明美さんは高校3年のときに父親を病気でなくしている。
そのため、女手2つで子育てをした。
母親は優しく、尊敬もしており昔から仲も良かったため、
離婚後もそれほど不幸な感じはなかった。
しかし、2011年3月11日の東日本大震災が彼女を
不幸のどん底に陥れた。

彼女の実家は埼玉県だが、母親は東日本大震災の日、
たまたま岩手県の陸前高田市に旅行に行っていた。
そして、未だに母親の消息はわかっていない。
おそらく津波にのまれたのだろうとのことだった。

震災から数ヶ月は毎日泣いて過ごしていたが、
7万円の家賃が払えず、部屋を出されることになる。
しかし大家さんが状況を理解してくれ、別の場所にある
1DKのアパートを2.5万円で貸してくれると言ってくれた。
本来そのアパートは家賃3.5万円の単身者用だったが、
特別に子供と暮らしてもいいと言ってくれた。

今現在、明美さんはパートで稼ぐ月9万円の給料と、
児童扶養手当の42,000円で生活をしている。
彼女は大学卒業後すぐに結婚したため、社会人としての
経験がまるでなかった。
そのため、正社員の求人に応募しても面接にすら呼ばれない
という。パートでもフルタイムで働くことは可能だが、
そうなれば子供を学童保育に入れなくはならないため、
生活に使えるお金は今とあまり変わらないらしい。

明美さんはギリギリではあるが何とか子育てを頑張っている。
しかし、よくよく話を聞いてみると、無知であることに気が付く。

彼女は子供の給食費を払っている。
さらには国民年金も満額納めている。
そして、彼女自身の医療費も3割分しっかり支払っている。
本来であれば、状況から考えて「就学援助」が受けられる。
その申請をしていないばかりか、就学援助を知らなかったと言う。
国民年金にしても、全額あるいは一部免除の制度があるが、
それも知らなかったという。
児童扶養手当をもらっているのだから、彼女本人の医療費も
申請すれば戻ってくるが、そのことも知らない。
母子家庭で子供を育てているにも関わらず、
援助等についてあまりにも知らないことが多いのだ。

シングルマザーに限った話ではないが、
貧困女子は様々な情報に疎い場合が多い。
援助や手当などはほとんどの場合、申請しなければ
その恩恵は受けられないのだから、
役所に相談に行くなりして、現状をより良くする努力を
するべきなのである。
シングルマザーならば、それも母親としての務めだと考える。

関連記事

ネットカフェで暮らす貧困女子の悲しいリアル

ネットカフェで暮らす貧困女子の将来は ネットカフェで生活をする貧困女子がときどき テレビで報道さ

記事を読む

女性の多い職場でのトラブル

貧困女子の中では、勤め先を辞めたことがキッカケと いう人も多いです。 では、なぜ勤務先を辞めるこ

記事を読む

「妊娠自慢する妊婦はウザイ」と思う貧困女子

妊娠自慢する妊婦はウザイ このように思う貧困女子が大勢います。 最近、ネットニュース等で話題

記事を読む

貧困女子の連鎖

貧困女子は連鎖するもの 自分の母親も貧困女子だったというケースが多く存在します。 親が貧困ゆえに

記事を読む

10代で妊娠した貧困女子

10代で妊娠すると貧困女子になるのか 10代で妊娠する女性の多くは、低学歴の人です。 女性に

記事を読む

上村遼太さん殺害事件について

川崎市の多摩川河川敷で、中学1年の上村遼太さんが殺害された事件が話題になっています。18歳の主犯格の

記事を読む

読者モデルの貧困生活

読者モデルは職業ではない 読者モデルをしている33歳の女子は、 本物のモデルを目指して奮闘中。

記事を読む

貧困女子 自己責任なのか

先日、あるテレビ番組で貧困女子が自己責任か という内容で討論していました。 この話はネットニュー

記事を読む

ボランティア女子の意味不明な活動

■ ボランティアが好きな女性 少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。 その女性

記事を読む

貧困女子の彼氏たち

付き合っている女性が貧困女子だったという男性たち数人に 話を聞きました。貧困女子は、「でもね」とか

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑