*

自己破産した女の結婚は難しいだろうか

公開日: : コラム ,

自己破産した女が結婚を望んでも難しい現実

自己破産した知人の話です。
彼女は昔から幸うすい感じがあって、何をやっても上手くいかない
ような女です。
年齢も30歳なので、早く結婚して子供がほしいと言っていますが、
なかなか難しいようです。

自己破産した女の事情

彼女は母子家庭で育ちました。
生活は豊かではありませんでしたが、商業高校を卒業させてもらい
地元の魚市場の事務職に就きました。

給料は高くはありませんが、母親と同居のため家賃がかからず、
ごく普通の暮らしができていました。

ところが、26歳の時に高校時代の同級生と会ってから
人生の歯車が狂い始めます。

街で偶然会った友人は旅行代理店で働いていました。
留学経験もあり英語も堪能で、頻繁に海外旅行に行っていました。
その話を聞いた彼女は、結婚する前に海外ひとり旅をしたい。
そのために英会話をマスターしたいと考えました。

そしてすぐに英会話教室への入会と教材購入をしました。
合わせて30万円の出費です。
金利手数料0円、2万円の15回払いでローンを組みました。
このとき100万円の貯金がありましたが、
金利がかからないこともあり分割払いにしたのです。

しかし、彼女が英語の勉強を始めてから5ヶ月後に
予期せぬ事態が起きます。
職場でのパワハラに耐え切れず、退職したのです。

ここですぐに借金を全額返済すればよかったのですが、
彼女は100万円を元手にFXに手を出します。
家にいる時間が長くなったので、在宅で稼ぎたいと考えたのです。

素人がそれほど簡単に稼げる道理もなく、
すぐに元手の100万円を失ったばかりでなく、
70万円のマイナスを出してしまいました。

仕事もなく借金の返済はできず、親に相談するわけにもいかず、
自己破産してしまうのです。

お金にも男にも恵まれない

彼女は全財産を失いました。
そして、親に迷惑をかけないために家を出ました。

生活費を稼がなければならないので、
手っ取り早く稼げる夜の仕事をしようと、面接に行きました。
しかし、身長155cm、体重60kgというスタイルで、
顔もお世辞には可愛いと言えない彼女は、
採用されなかったのです。

日雇いの仕事をしながら、ネットカフェを転々とする日々。
もちろん彼氏もできず、ひとり寂しい生活を3年も過ごしました。

性格を変えることが幸せへの第一歩

30歳の誕生日に母親の元に戻った彼女は、
今までの経緯を親に話し、心から謝りました。

母にはきつく叱られましたが、受け入れてもらいました。

今は派遣の仕事をしながら、少しずつ貯金をしています。
30歳にして初めての彼氏も出来ました。
しかし、自己破産の負い目もあり、なかなか結婚したいという
希望を話すことができないのです。

彼女の場合、おそらく逆プロポーズをしても断られるでしょう。
まずは明るい性格になり、男性から結婚したいと思われる女に
ならなければ、幸せな将来が訪れない気がするのです。

関連記事

ネットカフェ難民の行く末

ネットカフェ難民という言葉が世に知れ渡ってから数年経ったと思います。この言葉は、ドキュメンタリー番組

記事を読む

貧困女子の就職活動

■ 就職活動のスケジュール変更 2016年3月1日、2017年入社の就職活動がスタートしました。

記事を読む

読者モデルの貧困生活

読者モデルは職業ではない 読者モデルをしている33歳の女子は、 本物のモデルを目指して奮闘中。

記事を読む

高学歴の貧困女子たち

一般的に、貧困女子は低学歴なのですが、年々高学歴化しています。大学卒業後に就職したとしても、会社を辞

記事を読む

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話です。 彼女の生活は収入面

記事を読む

ホームレス貧困女子の厳しい生活

ホームレス貧困女子は身近に存在する ホームレスと言えば年配の男性を想像しますが、 ごく稀に若い女

記事を読む

高校2年生で自分は貧困女子になると自覚した子

■ 高校2年で人生を諦めている子 高校2年生といえば、これからの将来が楽しみな年頃です。 しかし

記事を読む

子どもの貧困は将来に影響する

■ 子どもの貧困率 貧困率とは、世帯所得から国民一人ひとりの所得を試算し、 中間に該当する人の所

記事を読む

マタハラを受ける貧困女子たち

マタハラの実態 働く女性が妊娠や出産を理由に退職を迫られたり、 嫌がらせを受けたりするマタニティ

記事を読む

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

介護離職で失う普通の生活 キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、 介護離職により貧困

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑