*

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

公開日: : コラム

介護離職で失う普通の生活

キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、
介護離職により貧困生活者となりました。
その当時はケアハラという言葉はありませんでした。

若年性認知症の恐怖

都内在住の33歳の独身女性は、年収800万円の仕事を
自ら辞めました。

彼女は大学卒業後、大手自動車会社のエンジニアとして
働き始めました。
見た目は小柄で可愛い感じですが、男性顔負けの技術力で
職場でも一目置かれる存在でした。

退職時の年収は800万円。
女性としては高所得であり、独身ということもあり、
裕福に生活をしていました。

ところが、父親が「若年性認知症」となり、
介護のために仕方なく退職することになったのです。
父親は深い悲しみから心に傷を負ったのかもしれません。

介護離職のリアル

実家は豊島区にあるごく普通の一軒家です。
父は国家公務員で母はパート主婦をしていました。
しかし彼女が28歳のとき、母は交通事故で亡くなりました。

そのとき父は定年まであと1年足らずだったため、
悲しみに耐えながら仕事をしました。

そして定年を迎えると、ずっと家にいて、母の仏壇に向かって
話し掛けていました。

当時、彼女はマンションで1人暮らしをしていましたが、
父が心配になり、実家に戻りました。

それから数年は実家から仕事に行き、家事もこなしていました。
娘と一緒に生活するようになっても、父は昔のような
明るい性格には戻りませんでした。

そればかりか、物忘れがひどくなり、探し物が見つからないと
彼女に当たり散らすようになりました。
そこで医師に相談すると、「若年性認知症」であると
診断されたのです。

介護のため仕方なくですが、仕事を休みがちになり、
上司からも嫌みを言われるようになりました。
明らかにケアハラなのですが、当時はそのような言葉はなく、
親の介護のために仕事をおろそかにしてもいいという風潮も
ありませんでした。

結局、彼女は父の介護を優先し、仕事を辞めました。

親の介護で貧困状態に

父親の容体は悪化するばかりで、彼女はパートに出ることすら
できない状況でした。

毎月の収入がないため、貯金を切り崩して生活する日々。
あと1年後には破綻するのが見えているため、
今は貧困生活に耐えています。

実家を売れば生活は楽になるのですが、
生活環境を変えると父の症状は悪化すると医師に言われて
いるため、売却することもできないのです。

おそらく、父が亡くなるまで貧困生活は続くでしょう。

関連記事

モラスハラスメントで生活苦

高橋ジョージさん、三船美佳さん夫妻の離婚裁判が報じられて以来、一躍有名になった「モラルハラスメント」

記事を読む

男女の賃金格差を気にする女性たち

日本には男女の賃金格差が存在する 昔に比べ女性の労働環境が良くなった現代の日本でも 男女の賃金格

記事を読む

ピーターパン症候群な貧困女子

ピーターパン症候群が原因で普通に暮らせない貧困女子 あまり知らせていませんが、ピーターパン症候群の

記事を読む

ボランティア女子の意味不明な活動

■ ボランティアが好きな女性 少し前にテレビでインタビューを受けている女性がいました。 その女性

記事を読む

貧困女子とヤマト運輸の仕事

ヤマト運輸で働く貧困女子 ヤマト運輸で働く加奈子さん(32歳)の話です。 彼女の生活は収入面

記事を読む

高校2年生で自分は貧困女子になると自覚した子

■ 高校2年で人生を諦めている子 高校2年生といえば、これからの将来が楽しみな年頃です。 しかし

記事を読む

ぼっち充で結婚なんてする気がない女性の幸福感

ぼっち充の現状に満足している女たち ぼっち充の人が増えています。 男性の場合、仕事以外では会話が

記事を読む

貧困女子の仕事

貧困女子の間違った仕事選び 貧困女子に多い職業のひとつとして、「介護職」があります。 介護の仕事

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

シングルマザー貧困女子の地獄

貧困女子の中でもシングルマザーはまさに地獄のようだ。 母子家庭で子供を育てるのは確かに大変だ。

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑