*

貧困女子と過重労働の二択なら

公開日: : コラム ,

貧困女子と過重労働はどちらが苦しいのか

大手広告代理店の新入社員女性が自ら命を絶ちました。
普通に考えれば、これからの暮らしは安泰のように思えますが、
本人からすると、幸せとは程遠い暮らしだったのかも知れません。

大手広告代理店の新入社員女性の結末

大学生憧れの会社に入社してわずか1年半で自ら人生に
終止符を打った女性がニュースで話題になっています。

誰もが知る大手広告代理店の社員だったこと、
三田労働基準監督署が彼女について労災認定したことで
大きく報じられることとなりました。

この女性は母子家庭で育ったにも関わらず、
塾にも通わずに東大に合格した秀才です。
いや、苦労人というべきかも知れません。

このような女性であれば、ちょっとくらいの過重労働には
へこたれないと思いますが、それでも耐えられないくらいの
ツライ労働環境であったのでしょう。

彼女がうつ病に発症する直前の残業時間が105時間であると
三田労働基準監督署が認定しましたが、
実際はもっと長時間だったのかも知れません。

さらに、上司から仕事の品質を求められ、それに応えるべく
必死に仕事をしたり、「東大卒のくせに」という言われ方を
され続けた結果、精神と身体がボロボロになったのでしょう。

苦労して東大に入り、一流企業に入社したのに、
何とも残念な最後でした。

自分の意志を貫いている貧困女子

今ではタブーとも言える意見ですが、

「仕事に耐えられないなら辞めればいいじゃないか」

という人もいるでしょう。

しかし、彼女のように激務で寝る暇もなく働いていた場合、
そんな言い分は通用しない時代です。
悪いのは完全に雇い主側です。

ただ、悲しい結末を迎えるくらいなら、
家族や近しい人に相談できれば良かったのではないかと
いう悔いが残ります。

今は「最後まで働き続ける」という考え方が美徳ではなくなり、
とにかく自由の時代です。
過重労働するのもお気楽に働くのも本人の自由です。

耐えられなくなるほど働かされ、悲しい人生となるのなら、
貧困女子のように、お金はなくともあまり働かない人生も
悪くはないのかも知れません。

現在の日本では、低価格のお弁当なども豊富だし、
100円ショップという貧乏人には強い味方もいます。
お金がなくても、逃げ道がないほどの激務をするよりかは
幸せだろうと思います。

女の幸せモデルケース

貧困女子と過重労働を強いられた女性と比べることは
あまりにも両極端です。

幸せの感じ方は人それぞれですが、極端な人生よりも
平均的、あるいは平均より少し低いくらいが幸せかも知れません。

三流大学卒、短大卒、高卒の女性が、残業なしで月160時間
働き、年収300万円以下程度を得ているくらいが
人間らしく、女の幸せを十分に感じられるステータスのように
感じます。

そして、普通の男性と恋をして、結婚して、家族を持つ。
これが何よりの幸せなのです。

昭和的な考え方ですが。

関連記事

リア充になる方法がわからない女子

リア充になる方法を知らないために不幸感漂う女子 リア充になる方法を知らないために、いつもつまらなそ

記事を読む

年収800万円の女性が介護離職でどん底人生へ

介護離職で失う普通の生活 キャリアウーマンと呼ぶにふさわしい33歳の女性が、 介護離職により貧困

記事を読む

シングルマザー貧困女子の地獄

貧困女子の中でもシングルマザーはまさに地獄のようだ。 母子家庭で子供を育てるのは確かに大変だ。

記事を読む

ケアハラが原因で貧困生活をする女性

ケアハラ被害者は家族共倒れの恐れあり ケアハラというハラスメントが知名度を上げています。 ケアハ

記事を読む

ぼっち充で結婚なんてする気がない女性の幸福感

ぼっち充の現状に満足している女たち ぼっち充の人が増えています。 男性の場合、仕事以外では会話が

記事を読む

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしをするために 手っ取り早い手段

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代 と呼ばれる人たちの中に、 貧

記事を読む

男女の賃金格差を気にする女性たち

日本には男女の賃金格差が存在する 昔に比べ女性の労働環境が良くなった現代の日本でも 男女の賃金格

記事を読む

育休議員の不倫騒動 宮崎健介衆院議員はどんな人?

■ 育休議員の不倫活動 妻である金子恵美衆院議員(37)が大変な出産に挑むことに配慮し、 育児休

記事を読む

リア友がいない女子は男性にモテない

リア友がいない女子の寂しい生活 リア友とは現実社会の友達のことです。 ネット上のバーチャルな世界

記事を読む

ロスジェネ世代の貧困女子

ロストジェネレーション世代の貧困女子 ロストジェネレーション世代

奨学金という借金地獄から抜け出せない

奨学金の返済に苦しむ貧困社員 貧困家庭で育っても大学に進学したい。

貧困女子の冷え切った年越し

貧困女子の寂しい年越し 2018年になりました。 今年こそ、明

シングルマザーが貧困女子になる可能性

シングルマザー = 貧困女子 なのか シングルマザーは仕事も育ても家

結婚すれば何とかなると思っていた貧困女子

貧困女子 結婚すれば何とかなると思っていた 貧困女子が普通の暮らしを

→もっと見る

PAGE TOP ↑